ここから本文です

【J1採点&寸評】札幌1-3仙台|元モザンビーク代表CBが攻守両面で輝く!仙台が組織的な守備で終始圧倒

9/14(土) 21:52配信

SOCCER DIGEST Web

札幌――ボールは持てるが相手の守備ブロックを崩せず…

[J1リーグ26節]札幌1-3仙台/9月14日/札幌厚別公園競技場

【チーム採点・寸評】
札幌 5
前半からボール保持をする時間こそ多かったものの、仙台の守備ブロックを崩せず、余計なパスを蹴っては相手を楽に守らせてしまった。後半は攻撃の枚数を増やすも、単純に前の人数が増えただけで終わってしまった。

【サポーター必見】カメラマンが厳選するJ1第25節の"ベストショット"ギャラリー!

【札幌|採点・寸評】
GK
25 ク・ソンユン 6
立ち上がりのビッグセーブをはじめ、守備のところではさすがのプレーぶりも3失点。ボール保持時にも危うさがあった。

DF
26 早坂良太 5(HT OUT)
3バックの一角として先発したが、プレー判断の質とスピード不足が露見。前半で退くことになってしまった。

20 キム・ミンテ 6
なかなかディフェンスラインを高く保つことができなかったが、DF陣の問題よりも中盤の守備がパワー不足だった。
 
5 福森晃斗 5
広いエリアをカバーしていたものの、周囲との連係があまり取れておらず、何度もピンチを招いた。

MF
7 ルーカス・フェルナンデス 5.5 
サイドチェンジから高い位置でボールを受ける場面が多くあったが、数的不利な局面が多く、決定機にはつなげられず。

27 荒野拓馬 6(80分OUT)
奮闘ぶりは目立つも、プレークオリティが追いついていないという状況だった。得点となったミドルはあまりにも見事だった。

10 宮澤裕樹 5.5 
守備ブロックの間でパスを受けた際も、そこから縦にスピードアップすることができず、敵に余裕を与えてしまっていた。

札幌――チャナティップはさすがのキープ力で観衆の視線を集める

MF
19 白井康介 6(67分OUT)  
自身のプレーエリアでは、相手のバランスが悪い時間帯があったため、アグレッシブな動きが活きていた。

18 チャナティップ 6
立ち上がりは疲れもあったのか、守備網に素早く囲まれ、なかなかボールが足につかない場面が目立った。しかし時間が経つにつれて、その脅威的なキープ力で観衆の視線を集めていった。後半途中には、決定機になるような相手のカウンターを見事なボールカットで阻止。守備でもチームを助けていた。

9 鈴木武蔵 5.5 
なかなかいい形でパスを受けられなかった。技術面でのミスもあり、十分な活躍ができなかった。

FW
48 ジェイ 5
前線でパワーを発揮しようとしたが、相手の巧みな守備に封じられてしまい、徐々にミスも増えてしまった。
 
交代出場
MF
8 深井一希 5(HT IN) 
ボールに対して飛び込むタイミングを見誤って、相手に決定機を与えるなど、全体的に低調なプレーとなってしまった。

FW
11 アンデルソン・ロペス 5(67分IN)
1点を追う展開のなかで投入される。前線が混雑するシチュエーションでのプレーとなり、完全な不発に終わってしまった。
 
FW
4 菅 大輝 5.5(80分IN)
終盤に左サイドに投入され、好機には絡めていたものの、得点を奪いきることができず。福森との連係も芳しくなかった。

監督
ペトロヴィッチ 5
内容面で完全に仙台にしてやられた。さらに、そのなかで効果的な手を打てず、良策を見い出すことができなかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

1/2ページ

最終更新:9/14(土) 21:52
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事