ここから本文です

川崎が山村和也の加入後初ゴールなどで磐田に2発快勝!7試合ぶりの勝利で逆転優勝へ望みをつなぐ1勝

9/14(土) 21:08配信

SOCCER DIGEST Web

磐田は新監督就任後3戦3敗に…

 Jリーグは9月14日、26節の7試合を各地で開催。等々力陸上競技場で行なわれた川崎対磐田の一戦は、川崎が2-0の快勝を収めた。

【動画】山村の記念すべき川崎加入後初ゴールはこちら!

 立ち上がりの3分に磐田がさっそくチャンスを得る。左サイドでパスを受けたルキアンが力強いフィジカルでキープをすると、そのまま相手を背負いながらドリブルで持ち上がり、ペナルティエリア内右の中山仁斗へラストパス。中山がダイレクトでグラウンダーのシュートを放つと左ポストを直撃して、惜しくも外れる。
 
 序盤はシュートチャンスを得ていた磐田だったが、徐々に攻勢を強める川崎に自陣に押し込まれ、思うようにプレーができない。
 
 すると川崎は22分、守田英正のボール奪取からペナルティエリア手前中央の脇坂泰斗に縦パスを送る。すぐさま前を向いた脇坂が相手守備陣の意表を突くシュートを放つ。放たれたボールは、水がまかれたグラウンドの影響でバウンドして伸び、相手GKに触られるもゴール右に突き刺さった。
 
 幸先良く先制して勢いに乗る川崎は、35分に追加点を奪う。ペナルティエリア右の角付近から馬渡和彰がゴール前にクロスを供給。相手守備陣にはね返されるも、こぼれ球に反応した山村和也が倒れ込みながらダイレクトシュートを放つ。これがゴール右に決まり、山村が嬉しい川崎加入後初ゴールを挙げる。
 
 2点のビハインドを負った磐田は、後半からアダイウトンと荒木大吾に代えて、松本昌也と山本康裕の2枚を投入し、ゲームの流れの変化を図る。
 
 しかし、後半も主導権をにぎるのはホームチーム。中盤のセカンドボールへの反応が速く、ボール奪取から何度も決定機を得る。ただしフィニッシュの精度を欠き、決め切ることができない。
 
 終盤は、磐田にカウンターなどからゴールに迫られた川崎だったが、粘り強い守備で最後まで守り切り、2-0でタイムアップ。川崎が7試合ぶりの勝利を収めた。
 
 この結果、川崎が中断明けの初戦で勝利を挙げ4位へ浮上。逆転優勝へ望みをつないだ。磐田はフェルナンド・フベロ新監督就任後3戦3敗と、泥沼から抜け出せなかった。
 
 次節は28日に、川崎はホームで神戸と、磐田はアウェーで大分と対戦する。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:9/14(土) 22:36
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事