ここから本文です

上白石萌音が家族との絆を明かす「妹が出会った素晴らしい人や経験を、おすそ分けしてもらえるのがうれしい」

9/14(土) 6:00配信

ザテレビジョン

2014年から、“敬老の日スペシャル”として毎年恒例となっている特番「心の絆!三世代家族スペシャル2019~じぃじとばぁばとパパとママ~」(夜7:00-8:54、BS日テレ)が、今年も9月14日(土)、15日(日)の2夜連続で放送される。

【写真を見る】笑顔で妹や両親との思い出を語る上白石萌音

今回、三世代で暮らす家族の絆に迫る同番組にゲスト出演する上白石萌音にインタビュー。番組収録を終えての感想や、自身の“三世代”にまつわる思い出を聞いた。

■ 上白石萌音インタビュー

――番組収録を終えられてのお気持ちを教えてください。

どのご家族も、それぞれ大事なものを守っていこうとされていて、その姿がとても切実に見えました。そして、その意思を受けた三世代目の若い方々が変わっていく姿が印象的でしたね。自分に重なる部分があり、時には涙しながら食い入るようにVTRを見てしまいました。

――さまざまな三世代家族のエピソードが紹介されましたが、とくに印象に残ったエピソードはありましたか?

トンネルのお仕事をするお父さんとご家族とのお話は、家族のカタチが私と似ていたので、共感する部分が多かったです。2人姉妹というところや、仕事のために父と離れて暮らしていたので、その部分も重なりました。

――VTRにあった、働くお父さんと娘さんの姿に深く共感されていましたが、お父さんの働く姿というのは特別に感じますか?

私の父は教師なのですが、一度だけ父の授業を受けたことがあるんです。父がメキシコの日本人学校に赴任して、私たちも付いて行ったことがありました。

そこでは同じ敷地内に小学校と中学校があって、父は中学校で教えていて、私は小学生でした。たまたま担任の先生がお休みした時に代理で父が授業を行ったのですが、その時に父の働いている姿を見て、「お父さんは本当に先生なんだ」と実感しましたね。父のスーツ姿に少しくすぐったさを感じた覚えがあります。

なかなか小さい頃に父親の職場に行くという経験はないので、今回の姉妹も、その思い出が大切に残っていくだろうなと思います。

■ おすそ分けしてもらえるのがうれしい

――上白石さんも同じ2人姉妹ですが、お二人はお仕事のことでアドバイスをしたり、相談をすることはありますか?

お互いにお仕事のことで相談はしますね。あとは台本の本読みをしたり、作品を見て質問をしたり…。2人でやっているぶん、経験することも人との出会いも2倍なので、妹が出会った素晴らしい人や経験を、私もおすそ分けしてもらえるのがうれしいです。なかなか得難いことだと思います。

――祖父母の方とは、どんな思い出がありますか?

私も祖父母は大好きだったので、よくお家に遊びに行っていました。私は小さい時から知的好奇心が旺盛だったので「なんで?なんで?」とよく聞く元気な子どもでした。

祖父母はそんな私に全力で答えてくれて、祖父は幼稚園の私に日本地図を教えてくれたり、釣りに連れて行ってくれました。あとは、字がきれいになりたくて祖母から字を習ったり…。

他にも、両親からもらうのとは“違うモノ”を与えてくれたように思います。

――幼少期は好奇心旺盛だったとのことですが、今も好奇心は旺盛ですか?

何かを見た時に、どうなっているのかを知りたくなるんです。今回、タコ漁師のご家族のVTRを見た時も「こうやって釣るんだ!」と驚きましたね。代々引き継いでいる、匠の技を知ることができてうれしかったです。

――最近、新たに興味を持ったことはありますか?

時代劇に出演させていただいてから、和の文化の継承について興味を持つようになりました。最近は時代劇の製作が減っていたり、若い世代の方の着物を着る機会が減っていると聞いて、着物をきちんと着られるようになりたいと思いました。着物に付随する所作や知識も知りたいですね。

着物の知識を私たちが知らないで大人になってしまったら、その子どもたちには引き継がれなくなってしまうなと思いますし、自分の国のことをもっと知らないといけないなと感じています。

■ 家族が助けあう姿って本当に素敵

――夏休みにご実家に帰られたと伺いましたが、夏の思い出はできましたか?

今回は、久しぶりにゆっくりして、おいしいものを食べたり、のんびりして過ごしていました。実家に住んでいた時には当たり前だった“実はありがたいこと”を感じて、また東京でがんばろうと思えた夏休みでした。

――普段、ご両親からお仕事のことでアドバイスをもらうことはありますか?

両親から積極的に何かを言ってくることはないのですが、私から「どうだった?」と、聞いてしまうことはありますね。母が音楽の先生をしていて、私も音楽のお仕事をさせていただいているので、母には音楽的アドバイスをもらっています。

小さい時に母からピアノを習っていた時があったんですが、その時にはすごく照れくさかったんです。でも今は素直にアドバイスを求められようになって、恵まれた環境だなと感じています。

――最後に、読者にメッセージをお願いします。

とても心温まる三世代の家族の物語が詰まっています。家族が集まって話し合う姿を見て、家族が助けあう姿って本当にすてきだなとあらためて思いました。ぜひ、ご家族全員でそろって見ていただきたいです。(ザテレビジョン)

最終更新:9/14(土) 6:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事