ここから本文です

間宮祥太朗&渡辺大知、劇団ひとり仕込みの“ラスト漫才”を披露!<べしゃり暮らし>

9/14(土) 6:00配信

ザテレビジョン

9月14日(土)の放送でドラマ「べしゃり暮らし」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)が最終話を迎える。

【写真を見る】「べしゃり暮らし」解散騒動に先輩芸人・金本(駿河太郎)も激怒

最終話ではこれまでにも増して、圭右(間宮祥太朗)と辻本(渡辺大知)のコンビ“べしゃり暮らし”による漫才をたっぷりと披露する。さらに、ニップレスや、るのあーるなど、圭右たちのライバルコンビの漫才も披露され、演出・劇団ひとりが、俳優陣に指導をしてきた漫才の集大成、“べしゃり”が凝縮された回となる。

さらに、「漫才新人グランプリ」での優勝を目指す、べしゃり暮らしの2人が、解散の危機に陥ってしまう波乱の展開も。「漫才新人グランプリ」の1次予選で、客席のハプニングによって実力を出し切れなかった辻本。そんな相方の様子を目の当たりにした圭右は、2次予選の舞台で自身の持ち味であるアドリブを完全に封印してしまう。

得意のアドリブ抜きで台本通りに漫才をするという“安全策”を講じた圭右に、辻本は不満を感じ、声を大にして気持ちを伝えるのだが、それをきっかけに、2人はついに大ゲンカへと発展。最後には、「俺、才能ないわ」と、辻本が圭右のもとを去り、まさかの解散の危機に。

■ ドラマ「べしゃり暮らし」最終回あらすじ(9月14日[土]放送)

お笑い養成所YCA入学後、子安(矢本悠馬)を交えトリオで活動してきた圭右(間宮)は、本来の持ち味である“しゃべり”を発揮できず、友情と芸との間で葛藤。

研究生ライブを最後に、「相方にはなれない」と子安に別れを告げた。再び辻本(渡辺)とのコンビに戻ったべしゃり暮らしは、芸人選抜クラスで芸を磨き、「漫才新人グランプリ」での優勝を目指す。

YCA講師から「セリフ覚えの悪さをアドリブでごまかしている」と指摘された圭右だったが、態度をあらためないまま漫才新人グランプリの1次予選に臨む。

その舞台で辻本は、昔からファンだったという美里(小宮有紗)が客席で体調不良に陥るのを見て、激しく動揺。かろうじてネタはやり切るものの、圭右も自分の過信に気づかされることに。

2次予選で圭右は、アドリブを完全封印した。そのせいで持ち味を出せなかったことに辻本は不満を感じるが、圭右は「あれが1番いいんだよ。おまえだって、セリフ飛ばさなくてすんだ」と、互いの思いはかみ合わないまま。

ついに「お前が信じてくれるような相方になれなかった」と、辻本は圭右の元を去ってしまう。このまま圭右と辻本は解散してしまうのか…。(ザテレビジョン)

最終更新:9/14(土) 6:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事