ここから本文です

「35年住宅ローン」にビビっている若者に教えたい“リスクの話”

9/14(土) 8:46配信

bizSPA!フレッシュ

 マンションブロガーの、のらえもんです。20代の若者のブログやSNSを見ると、

「無邪気にマンションの購入なんてできない。35年後どころか、10年後の自分がどうなってるかなんてわからないのに、住宅ローンを抱えるなんて……」

 という意見をよく見ます。

 この原稿を読んでいるあなたもそう思っていませんか? 思っているあなたは賢い! 賢い人はリスクを嫌います。一生賃貸に住みましょう。

リスクを避ける人生はつまらない

 でも、ですね。リスクを避け続ける人生だけではつまらなくないですか?「結婚もリスク」「子ども持つのもリスク」「消費もリスク」と縮こまって生きていたら、あなたの人生はきっと何も変わらないし、何も起こらないまま終わってしまう。

 時間は有限です。リスクを計って、それに見合うリターンが得られるなら行動をしてもいいはずなのです。

 さて、長い前置きは置いといて。

住宅ローン破綻率はどのくらい?

 実際、住宅ローン破綻率、つまり「住宅ローンを抱えたけど払えなくなる確率」はどれくらいか、知っていますか?

 民間の銀行で住宅ローン破綻のデータを公開しているところはありませんが、「フラット35」を提供している住宅金融支援機構が参考となるデータを開示しています。

 平成29年度の「買取債権」つまりフラット35において、「破綻先債権」「延滞債権」「3か月以上延滞債権」の合計で、総貸出残高に対する割合は0.43%でした。

 買取債権は2007年から始まっていますから、ここ12年以内で借りた人で、平成29年で払えなくなった、もしくは延滞した人はこの程度、と言えます。3か月以上延滞からの復帰もありますから、実際はもう少し低く見積もってもいいでしょう。

ローンの支払いを年収の25%未満に抑えよう

 また、将来の破綻を避けるためにひとつ知っておいてほしいことがあります。

 それは、年収に占める総返済負担率で、統計的有意に破綻率は変わってくる、ということ。破綻率0.43%の中でも、返済の余裕をどの程度持っているかによって、変わってきます。

 住宅ローンの支払割合を年収の25%未満に収めたグループと、年収の25%以上にしたグループでは、破綻率におよそ2倍の開きがあることがわかっています(2015年・三井住友トラスト基礎研究所の調査)。

 つまり年収500万円の人は、住宅ローンの支払割合を25%未満の月10万円に収めれば、データ上はほぼ安全です。月10万円で変動金利0.6%、期間35年で組むと、借入可能金額は3787万円。そこから頭金を足した額が安全圏でマンションを買える予算となります。思ったより借入金額が多くなるのは、金利が相当低いからです。

 いや、わかります。それでも大きなお金を借りるのは怖いですよね。

1/2ページ

最終更新:9/14(土) 8:46
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい