ここから本文です

遠藤保仁が語る“移籍論” 稲本潤一、中村俊輔、小野伸二の決断に持論「全然ありだと思う!」

9/14(土) 10:30配信

Football ZONE web

“サッカーを楽しむため”の選択……僕は彼らの選択を祝福したい

 ガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁が8月2日のJ1リーグ第21節ヴィッセル神戸戦(2-2)で途中出場し、公式戦1000試合出場の偉業を達成した。J1、J2、カップ戦、天皇杯、AFCチャンピオンズリーグ、日本代表戦など、すべての公式戦を含めて日本人初となる金字塔を打ち立てた本人を直撃。稀代のプレーメーカーが、全6回で1000試合出場の舞台裏を語る。最終回のテーマは「移籍」だ。

   ◇   ◇   ◇

 昨年のシーズン終了後にたくさんの選手が引退を決めた。楢﨑正剛さん、川口能活さん、中澤佑二さん、(小笠原)満男……。誰もが尊敬する、偉大なプレーヤーで、それぞれに思い出深い選手だったから、正直、寂しさはあった。

 でもだからといって、彼らの姿に自分を重ねて考えることはなかった。現実的に体が動いていると実感できているし、自分のなかで辞める理由も見つからないしね。

 そんななか、今年に入ってからは、イナ(稲本潤一)がJ3リーグのSC相模原に移籍し、夏のウインドーではシュン(中村俊輔)が横浜FCに、(小野)伸二がFC琉球に移籍した。

 いずれも前所属チームより、戦うステージを落とした移籍だったけど、僕は全然ありだと思う! もちろん、それが20代半ばならカテゴリーにこだわることも大事だと思う。プレーの質を磨き、自分を成長させるには、より高いレベルでプレーするほうがいいに決まっているから。

 でも、3人ともこれだけキャリアを積んできて、彼らなりに有り余るほどの経験をしてきたと考えても、また、おそらくそれは彼らにとって“サッカーを楽しむため”の選択でもあったはずだと想像すればこそ、僕は彼らの選択を祝福したい。

 と同時に、“サッカーを楽しむため”にどうありたいか、というのは、僕にとってもこの先のキャリアでキーになっていく部分だと思う。そして今のところ、僕にとっての“楽しむこと”は試合に出ることに他ならないと考えれば、いつか自分が彼らのような選択をする可能性も当然、あると思う。

1/2ページ

最終更新:9/14(土) 17:02
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい