ここから本文です

「久保くん来たー」 エイバル乾、“リーガの後輩”のビルバオ戦途中出場に興奮

9/14(土) 11:40配信

Football ZONE web

W杯予選から中2日、後半18分から途中出場して巧みなドリブルでPK奪取

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間13日のリーグ第4節アスレティック・ビルバオ戦(0-0)でリーガ2試合目の出場を果たした。代表戦から中2日ながら、ファウルを誘発してPKを獲得するなど存在感を示したが、同じ1部でプレーするエイバルのMF乾貴士は試合をテレビ観戦したようで、自身の公式インスタグラムに18歳のレフティーがピッチに立った際の映像をアップして「久保くん来たー」と綴っている。

【動画】「魔術師タケに催眠術をかけられた」…マジョルカ久保が“魔法のドリブル”でPK奪取

 久保は5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)、10日のカタールW杯アジア2次予選ミャンマー戦(2-0)に臨んだ日本代表に選出。自身初のW杯予選となったミャンマー戦は後半36分から出場し、18歳98日でW杯予選最年少出場記録を39年ぶりに更新した。11日にチームに再合流したなか、ビルバオ戦はメンバー入りしてベンチスタートとなった。

 出番が回ってきたのは0-0で迎えた後半18分。右サイドハーフに入ると同35分に魅せる。ペナルティーエリア手前右でボールを受け、細かいタッチでドリブル突破。フェイントから縦に持ち出し、相手DFユーリのファウルを誘発してPKを獲得した。キッカーのスペイン人FWアブドン・プラツがPKを枠外に外し、決勝ゴールとはならなかったが、久保は疲労を感じさせないプレーを見せた。

 久保のリーガ2戦目の出場に反応したのが、同じスペイン1部のエイバルでプレーするMF乾だ。15日にエスパニョール戦を控えるなか、マジョルカの試合をテレビ観戦したようで、インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)に久保がピッチに立った際の画面とともに、「久保くん来たー」と綴った。

 久保の存在は、W杯出場経験を誇るリーガの先輩から見てもワクワクさせるもののようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/14(土) 12:05
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事