ここから本文です

久保建英は「主役の1人だった」 PK奪取の“魔法ドリブル”に海外メディア脱帽

9/14(土) 12:20配信

Football ZONE web

細かいボールタッチとフェイントで対峙したビルバオDFユーリを翻弄

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間13日のリーグ第4節アスレティック・ビルバオ戦(0-0)でリーガ2試合目の出場を果たした。代表戦から中2日ながら、ファウルを誘発してPKを獲得するなど存在感を発揮し、海外メディアも「主役の1人だった」と評価している。

【動画】「主役の1人だった」とスペインメディア称賛…マジョルカ久保が“魔法のドリブル”でPK奪取

 久保は5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)、10日のカタールW杯アジア2次予選ミャンマー戦(2-0)に臨んだ日本代表に選出。自身初のW杯予選となったミャンマー戦は後半36分から出場し、18歳98日でW杯予選最年少出場記録を39年ぶりに更新した。11日にチームに再合流したなか、ビルバオ戦はメンバー入りしてベンチスタートとなった。

 出番が回ってきたのは0-0で迎えた後半18分。右サイドハーフに入ると同35分に魅せる。ペナルティーエリア手前右でボールを受け、細かいタッチでドリブル突破。フェイントから縦に持ち出し、相手DFユーリのファウルを誘発してPKを獲得した。キッカーのスペイン人FWアブドン・プラツがPKを枠外に外し、決勝ゴールとはならなかったが、久保は疲労を感じさせないプレーを見せた。

 スペインメディア「エル・デスマルケ」は、「ビシクレータ、魔法、PK獲得:久保のドリブル」と見出しを打ち、巧妙なドリブルに注目しつつ、「久保はアスレティック・ビルバオ戦の主役の1人だった」と評価。ペルーメディア「trome」も「久保建英、18歳、この素晴らしいプレーで驚かせる」と題して、「試合終盤の80分にそれは起きた。久保は右サイドでボールを受け、皆を驚かせた。ユーリの守備を破り、倒され、レフェリーはホームのマジョルカを支持した。不幸なのは、久保建英が巧みに獲得したPKが失敗に終わったことだ」と伝えている。

 PK奪取という一つの仕事をしただけに、次節以降はゴールやアシストなどより明確な結果が求められることになりそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/14(土) 17:48
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事