ここから本文です

マンUレジェンド守護神、渦中のデ・ヘアに警告 「他にも穴を埋められるGKはいる」

9/14(土) 15:01配信

Football ZONE web

ファン・デル・サール氏は契約延長を渋るスタンスに言及「いずれは決断しなければ…」

 かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍したオランダの伝説的GKエドウィン・ファン・デル・サール氏に、ディレクターとして古巣に復帰する可能性が浮上している。そんななか、ファン・デル・サール氏は去就問題が注目される守護神のスペイン代表GKダビド・デ・ヘアに言及。「他にも穴を埋められるGKはいる」と契約延長を渋るスタンスに警告した。英紙「メトロ」が伝えた。

 現役時代にユベントスやユナイテッドで活躍し、フィールドプレーヤー級の足技と抜群のセーブ能力で、UEFAチャンピオンズリーグ2度制覇など数々のタイトルを手にしたファン・デル・サール氏。2011年の引退後はかつてプレーしたオランダの名門アヤックスの管理職に就き、現在は同クラブのCEOを務めている。

 そのファン・デル・サール氏が、フットボールディレクターとしてオールド・トラッフォードに帰ってくるとの噂が浮上している。自身の去就については口を固く結んだ同氏だが、週給35万ポンド(約4700万円)で契約合意と報じられるも、いまだ正式サインを渋っているデ・ヘアについてこのように語っている。

「いずれは決断しなければならない。すでに長い時間がかかっているので、私はユナイテッドのディレクターではないが、あとは彼が『イエス』と言うか、『ノー』と言うかの問題だろう。しかし、他にもデ・ヘアの穴を埋められるゴールキーパーはいる。プレミアリーグのGKのなかには、ステップアップできる選手も何人かいる。私がユナイテッドに行ったときは34歳だった。だから、あそこには多くのチャンスがある」

 デ・ヘアの現行契約は来夏で満了を迎える。パリ・サンジェルマン(PSG)やレアル・マドリードなどの強豪クラブも関心を示しているが、もしユナイテッドとの新契約にサインすれば、プレミアリーグ最大の高給取りとなる。果たして、世界最高とも言われる守護神は、どのような答えを出すのか。今後の去就に注目が集める。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/14(土) 15:01
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事