ここから本文です

あなたは「屋久島」の奥深さを知っていますか

9/14(土) 15:10配信

東洋経済オンライン

モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画ちょいと一杯に役立つアレコレソレ「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう

この記事の写真を見る

蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫モノ・マガジンで長年続く人気連載だ今回のテーマは「屋久島」。意外と知らない基本中の基本から、あまり知られていない逸話まであっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ。

この連載の一覧はこちら
 01. 「屋久島」は、鹿児島県の大隅半島佐多岬南南西約60kmの海上に位置する島。

 02. 鹿児島県熊毛郡屋久島町に属し、種子島や口永良部島などと共に大隅諸島を形成する。

03. 屋久島の面積は504.29km2
で周囲は約130km(東西約28km、南北24km)で、その姿は円形に近い五角形。

 04. その面積は淡路島よりもやや小さいが、鹿児島県に属する島としては奄美大島に次いで2番目の大きさを誇る。

 05. 島の中央部に位置する日本百名山のひとつ宮之浦岳(1936m)を最高峰に、島の90%が森林という山岳島である。

06. 宮之浦岳を含む屋久杉自生林など島の約21%にあたる107.47km2
が、1993年ユネスコ世界遺産に登録された。

 07. この世界遺産への登録は、兵庫・姫路城、奈良・法隆寺、秋田~青森・白神山地と共に〈日本初〉であった。

 08. 全島が屋久島町の町域となるが、その多くは山地で1000m~1900m級の山々は「洋上のアルプス」とも称される。

 09. 九州地方でも最高峰の宮之浦岳を筆頭に永田岳(1886m)、栗生岳(1867m)は「屋久三岳」と呼ばれる。

 10. しかしこれら中央部の高峰は「奥岳」と呼ばれ、永田岳をのぞき海岸部の人里からは望むことができない。

 11. 屋久三岳は1843年刊行の『三国名勝図絵』にも登場しているが栗生岳の位置は実際には黒味岳という説もある。

■屋久島の高山は「花崗岩」で形成されている

 12. 一方、人里のある海岸部から間近にそびえるモッチョム岳(940m)、国割岳(1323m)等は「前岳」と呼ばれる。

1/7ページ

最終更新:9/17(火) 22:40
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事