ここから本文です

湊かなえ最新作が初登場1位 「事実は小説の先の先を行っている」

9/14(土) 7:30配信

Book Bang

 9月10日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、単行本 文芸書第1位は『落日』が獲得した。
 第2位は『むらさきのスカートの女』。第3位は『希望の糸』となった。

 1位に初登場の『落日』は湊かなえさんの最新作。映画監督と脚本家が実際に起こった殺人事件を映画化しようと過去の出来事を調べるうちに、それぞれがそれぞれの視点で真実を見つけ出す。衝撃と深い感動を呼ぶ一作となっている。

 湊さんは9月9日TBSのバラエティ番組「1番だけが知っている」に出演。アメリカで起こった代理ミュンヒハウゼン症候群の母が娘に殺害された事件をとりあげ、「事実は小説の先の先を行っている」と紹介した。湊さんは同事件の驚くべき展開を解説しながら、「日本であった事件も海外であった事件も興味を持ったものはその後も追っていくようにしてる」と実際にあった事件を作品に活かしていることを明かした。

1位『落日』湊かなえ[著](角川春樹事務所)

湊かなえの新たなる代表作、今年最高の衝撃&感動作。重い十字架を背負って生きる人々の心の叫びと希望の灯。“落日”の向こうに見える未来とは!? 入魂の書き下ろしミステリー長篇。新人脚本家の甲斐千尋は、新進気鋭の映画監督長谷部香から、新作の相談を受けた。『笹塚町一家殺害事件』引きこもりの男性が高校生の妹を自宅で刺殺後、放火して両親も死に至らしめた。15年前に起きた、判決も確定しているこの事件を手がけたいという。笹塚町は千尋の生まれ故郷だった。この事件を、香は何故撮りたいのか。千尋はどう向き合うのか。“真実”とは、“救い”とは、そして、“表現する”ということは。絶望の深淵を見た人々の祈りと再生の物語。(角川春樹事務所ウェブサイトより)

2位『むらさきのスカートの女』今村夏子[著](朝日新聞出版)

近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性が気になって仕方のない<わたし>は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で彼女が働きだすよう誘導する。『あひる』『星の子』が芥川賞候補となった話題の著者による待望の最新作。(朝日新聞出版ウェブサイトより)

1/2ページ

最終更新:9/14(土) 7:30
Book Bang

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい