ここから本文です

萩野公介&miwa 出会い→熱烈アプローチ→結婚・妊娠の軌跡

9/15(日) 8:01配信

FRIDAY

「萩野は今年2月の『コナミオープン』男子400m個人メドレーで、自己ベストを17秒以上も下回るほどの惨敗。以来、『水泳が嫌いになりつつあった』と苦しんでいた萩野を、miwaは献身的に支え続けた。彼女が8月に発表した新曲『リブート』は『再起動』という意味。この曲には、休養を経て8月に復帰した萩野への応援メッセージも込められていたのでしょう」(レコード会社社員)

リオ五輪競泳男子400m個人メドレー金メダリストの萩野公介(25)が、シンガーソングライターのmiwa(29)と今秋に結婚することがわかった。miwaは妊娠しており、今冬の出産を予定している。来年の東京五輪で2大会連続の金メダル獲得を期待されている萩野。そんな彼が、自身を支えてくれるパートナーを最高のタイミングで手に入れた。

二人の出会いは、’16年10月。それぞれ別の仕事でNHKを訪れた際に、偶然知り合ったという。

「二人とも、ひと目見て互いに惹(ひ)かれ合ったそうです。萩野は『AKB48』ファンを公言するほどのアイドル好きで、目が大きくアイドル顔のmiwaはタイプのど真ん中でした」(芸能プロ幹部)

だが、先にアプローチを始めたのは萩野ではなくmiwaのほうだった。

「タイプの女性を前に緊張してタジタジだった萩野に対し、年上のmiwaは積極的でした。彼女は出会って2ヵ月も経たないうちに、自身がナビゲーターを務めるドキュメンタリー番組『オン・マイ・ウェイ!』(NHK Eテレ)の対談相手として萩野を招待。そこから二人は食事に行く仲になり、’17年の夏頃、交際を始めたそうです」(前出・芸能プロ幹部)

’16年のリオ五輪で金メダルを獲得して以降不調が続き、今年の春には約3ヵ月の休養を取った萩野。miwaはそんな萩野を励まし続けた。このタイミングで結婚に踏み切った理由も、東京五輪で萩野を支えるためだったという。

「幼い頃から常にライバル・瀬戸大也の半歩先を行っていた萩野ですが、リオ五輪後にその関係が逆転しました。怪我や不調で思うようなタイムが出ない萩野に対し、瀬戸はイチ早く東京五輪内定を決めるなど絶好調。瀬戸の活躍の陰には、’17年5月に結婚した妻と、その翌年に生まれた娘の存在がありました。今回ようやく、瀬戸と同じように萩野にも、『この人のために頑張ろう』と思えるような家族ができた。東京五輪では、再び瀬戸との拮抗したライバル争いを繰り広げてくれるはずです」(スポーツ紙記者)

この冬、萩野は3人家族の主となる。強力な援軍を得て、奇跡の復活をはたすことができるか――。

『FRIDAY』2019年9月20日号より

FRIDAYデジタル

最終更新:9/15(日) 8:01
FRIDAY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい