ここから本文です

智之、下を向くな!【川口和久のスクリューボール】

9/15(日) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

波乱万丈のシーズンに

9月4日の中日戦、2回4失点で交代となった菅野/写真=大泉謙也

 智之、焦るな。今はとにかく休め……いま会ったら、そう伝えたい。もちろん、巨人の菅野(菅野智之)だ。コーチ時代から、ずっと智之と呼んできたから、そう書かせてもらう。

 巨人は昨年4年連続のV逸となり、チームだけじゃなく読売グループのすべてが「今年は優勝しかない!」と、原辰徳監督を復帰させ、丸佳浩ら大型補強もした。開幕から決して順風満帆ではなかったが、ひとまず、着々と優勝への秒読みを続けている。

 俺は選手の中で、一番、重圧を感じながらプレーしていたのは、智之だったと思う。責任感の強い男だし、伯父さんが監督に戻り、優勝に向け、エースとして引っ張らなきゃという強い思いがあったはずだ。過去2年、素晴らしいピッチングをしていたから、それなりの自信もあったと思う。

 だが、始まってみたら、まさに波乱万丈。9月4日の中日戦(前橋)では、ついに腰がパンクして2回で降板し、そのまま登録抹消になった。

 伏線はあった。5月15日、阪神戦で10失点交代の後、登録抹消となったのは体調不良だったようだが、復帰後、6月23日のソフトバンク戦の2回途中腰痛での交代は深刻に見えた。その後も投げてはいたが、投げ方が少しずつ狂っていたからね。

 プロは、いつも100%で投げられるわけじゃないが、智之はあちこちにガタが来て壊れる寸前だった。現状でできるピッチングをだましだましやっていたが、正直・・・ 本文:1,672文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:9/15(日) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る