ここから本文です

阪神・植田海内野手 足のスペシャリストへ成長/これぞプロの技!

9/15(日) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

 貴重な走り屋として成長を続けるのは植田海だ。内野の守備固めも目立っているが、注目すべきはその俊足ぶりだ。

「常に積極的なプレーを心掛けてアピールしたい」。8月30日巨人戦(甲子園)で2年連続2ケタ盗塁を記録するなど、相手のディフェンスをくぐり抜ける。

 6月5日のロッテ戦(ZOZOマリン)で、1点を追う9回一死三塁、高山の左翼へのライナーで三塁を飛び出して併殺を食らったプレーがあった。チームにとって痛恨の敗戦だったが、矢野監督は「俺がサインを出してるんだから」と植田を責めることはなかった。指揮官の信頼もまた背中を強く押している。

 植田が頭角を表したのは、16年U-23W杯に参加し、計9試合で6盗塁を成功させる活躍を示したパフォーマンスだった。

 チームの得点力不足は深刻で、機動力野球を展開するためには、植田の足は欠かせない。「失敗を恐れずに走りたい」。持ち前の思い切りの良さが生きている。

 8月11日の広島戦(京セラドーム)で、8回同点後の一死三塁、代走で出た植田が陽川の遊撃への凡ゴロで勝ち越しホームに滑り込んだのも見事だった。

「打つほうは力強さを意識しながらしっかりやっていきたい」

 今後の課題は打力アップに尽きる。当時の掛布二軍監督の勧めで俊足を生かすために両打ちに転向。残りのシーズンを定位置奪取への足掛かりにしたい。

週刊ベースボール

最終更新:9/15(日) 12:02
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事