ここから本文です

世界GP王者・原田哲也のバイクトーク Vol.17 「本当はバイクが好きだった」

9/15(日) 17:30配信

WEBヤングマシン

北海道と九州、ツーリングに行きたくて仕方がない!

1993年、デビューイヤーにいきなり世界GP250チャンピオンを獲得した原田哲也さん。虎視眈々とチャンスを狙い、ここぞという時に勝負を仕掛ける鋭い走りから「クールデビル」と呼ばれ、たびたび上位争いを繰り広げた。’02年に現役を引退し、今はツーリングやオフロードラン、ホビーレースなど幅広くバイクを楽しんでいる。そんな原田さんのWEBヤングマシン連載は、バイクやレースに関するあれこれを大いに語るWEBコラム。第17回目は、父母の故郷である北海道と鹿児島に思いを馳せます。

TEXT:Go TAKAHASHI

幼少期を過ごした北海道への思い入れと憧れ

最近、北海道ツーリングをしたくて仕方ありません。きっかけはYoutube。何かを観ていた時「あなたへのおすすめ」に北海道ツーリングが表示され、クリックしたのが運の尽き。フェリーでのバイク旅なんて、最高に面白そうです。

何年か前には親子タンデムで、今回は息子さんが免許を取ってそれぞれ別のバイクで北海道ツーリング、なんて動画もあって、感動しちゃいました。

僕にとっての伏線は、セローを買ったことかな。SP忠男の鈴木忠男社長と林道ツーリングに行ったりして、「このバイク、どこにでも分け入れるぞ!」と可能性が広がったんです。それにバイクで雨の中を走るのも好きじゃなかったけど(汚れるから)、セローは汚れてナンボ。セローとの出会いで考え方がだいぶ変わったし、オフロードもたくさんの北海道にはピッタリですよね。

アップダウンしながらどこまでも続く直線路を走ってみたいし、星空を眺めながらのキャンプも気分良さそう。「いつ行こうかな、来年かな、何月頃がいいんだろう」といろいろ考えている今が一番楽しいのかもしれません。

実は北海道は、僕の母の実家なんです。僕の両親が仕事で忙しかった幼稚園の年長から小2までの間、その実家に預けられてました。きょうだい3人一緒とはいえ、親から離れるのはつらかったですね。冬は寒かったし(笑)。

母の実家は、函館からクルマで20~30分ほど離れた海沿いの小さな町にありました。おじいちゃんは漁師。僕たちが「お腹空いた~」と言うと、おばあちゃんは「海行ってウニ食っといで」なんてね。自分たちでウニを獲って、海水をサッと通して食べるのは旨かったなぁ。夜は星がめちゃくちゃキレイで、遠くに本州・大間の町明かりが見えたものです。

そんなこともあって、北海道には思い入れもあります。3年ほど住んでいたとは言え函館と札幌ぐらいしか行かなかったので、あちこち見てみたいんですよね。仕事では何度か行ったけど、プライベートでツーリングしてみたい。稚内、根室、網走、「北の国から」のロケ地も見なくちゃ。北海道は何度かツーリングして、いずれ全部回りたいなあ。

1/2ページ

最終更新:9/15(日) 17:30
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事