ここから本文です

ベントレーがEVをつくると、自律走行する“秘密の隠れ家”になる?

9/15(日) 12:13配信

WIRED.jp

このほど創業100周年を迎えたベントレーが、コンセプトカーを発表した。この「EXP 100 GT」は、2035年の高級車像をイメージしてつくられたラグジュアリーな電気自動車(EV)で、自律走行車でもある。あくまでコンセプトカーなので、世界各地にあるディーラーに登場することは当分ない。だがベントレーによると、このクルマが同社のブランドの未来を示すのだという。

【画像・動画】ベントレーのEV「EXP 100 GT」をもっとみる

EXP 100 GTはバッテリーのパワーや卓越した性能、最高級の素材、そして自動運転技術が注目の的であるのは言うまでもない。だがそれだけでなく、快適性と持続可能性にも重点を置いている。

“声の執事”から空気清浄機、専用フレグランスまで

EXP 100 GTには、“声の執事”が搭載されている。「ベントレー・パーソナルアシスタント」という名の音声アシスタントだ。この人工知能(AI)はキャビンに組み込まれた大量のセンサーによって、車内の照明や環境を乗員の気分に最適化する。さらに、さまざまなセンサーが乗員の目や頭の動き、血圧の状態、体の位置などを検知する。

車内の雰囲気に合わせてアンビエントライトを調節したり、プロジェクションマッピングを映し出したりすることもできる。ドライヴァーが手動で運転しているときは、必要なサポートを提供するためにシートを自動調整してくれる。さらに、コメを脱穀する過程で生じたもみ殻の灰を利用した外装用の塗料に採用するなど、快適性に加えて持続可能性も重視している。

こうした機能は、ベントレーが「アダプタブル・バイオメトリック・シーティング」と呼ぶ装備によって実現するという。乗員の気分を察知し、それに応じて車内のさまざまなパラメーターを調節する技術である。

さらにトランクには、空気清浄システムが搭載されている。前席にあるエアコンの吹き出し口だけでなく、後部座席で必要なときに開く吹き出し口から、きれいな空気が出てくる仕組みだ。しかも、室内の二酸化炭素濃度を常にモニタリングしている。どことなく落ち着かない感じもするが、このふたつの吹き出し口は「まるで呼吸して生きているような表情をクルマに与える」のだという。

いかにもコンセプトカーらしくベントレーは、EXP 100 GT専用のフレグランスもつくり出した。香りのコンサルティング企業である「12.29」と共同開発したフレグランスは、白檀とみずみずしいコケの香りをブレンドしたものだ。

1/4ページ

最終更新:9/15(日) 12:13
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事