ここから本文です

【ONE】徳留一樹が元TUF、Bellatorファイターのヌネスと対戦=10.25ジャカルタ

9/15(日) 16:19配信

ゴング格闘技

徳留一樹(パラエストラ八王子/team HALEO)のONE4戦目が決定した。2019年10月25日(金)にインドネシア・ジャカルタで開催される「ONE: DAWN OF VALOR」にて、米国のジョニー・ヌネスと対戦する。

【写真】ONEライト級(※77.1kg)で初勝利を挙げた徳留にラウンドガールも笑顔

徳留は5月10日の「ONE: Warriors of Light」にて、11月大会で下石康太に勝利しているエイドリアン・パン(豪州)とライト級(※77.1kg)で対戦。サウスポー構えから左の攻撃を当て、最後は左ヒジでパンをカット。2R TKOでONE初勝利を挙げた(MMA19勝10敗1分)。

ONE初戦は急遽対戦相手がエリック・ケリーからジャダンバ・ナラントンガラグに代わり、第2戦もエミリオ・ウルティアからクリスチャン・リーに変更されながら試合を受け、連敗を喫していた徳留だが、フェザー級(※70.3kg)戦だったナラントンガラグ戦、73キロ契約だったリー戦から、ONEライト級(※77.1kg)への階級変更でパン戦では、左ストレートからダブルレッグテイクダウン、立ち際にヒザ&ヒジと力強く流れるような動きを見せていた。10月大会でもONEライト級にフィットした戦いを見せるか。

対するヌネスはMMA7勝1敗。2012年のプロデビューから4連勝で2014年3月にWSOFデビュー。その後TUFシーズン22ではチーム・フェイバーの一員として参加し、ライアン・ホール、デイビッド・ティーマーに敗れ、シーズン25でもジェームス・クラウスに敗れているが、2018年9月の前戦、Bellator 205ではジョシュ・ウィックに判定勝ちを収めている。

クラウスの腰を落とさせた左右パンチの前進力、粘り強いダブルレッグなど詰めてのファイトを得意とするヌネスは、近距離を課題としていた徳留にとって困難な相手だ。しかしオーソドックスのヌネスに対し徳留はサウスポー。パン戦で見せたトランジッションがヌネス相手にどんな変化を見せるか、注目だ。

なお、同大会のメインでは、3連勝中の王者ゼバスチャン・カデスタム(スウェーデン)が、同じく3連勝中のキャムラン・アバソフ(キルギス)を挑戦者に迎えるONE世界ウェルター級(※83.9キロ)選手権試合が行われる。

▼ONE Welterweight World Championship
Zebaztian“The Bandit”Kadestam
Kiamrian Abbasov

▼ONE Lightweight Kickboxing World Championship
Regian“The Immortal Eersel
Nieky“The Natural”Holzken

▼bantamweight
John“Hands Of Stone”Lineker
Muin Gafuro

▼lightweight
Johnny Nunez
Kazuki Tokudome

▼strawweights
Adrian“Papua Badboy”Mattheis
Stefer“The Lion”Rahardian


Amarsanaa Tsogookhuu
“The Spartan” Caruso


Mark“Tyson”Fairtex
Ayideng“The Kazakh Eagle”Jumayi


Eko Roni Saputra
Kaji“Alpha”Ebin


Priscilla Hertati Lumban Gaol
Bozhena Antoniyar


Rudy“The Golden Boy”Agustian
Abro Fernandes


Egi Rozten
Elipitua Siregar


Adi Paryanto
Angelo“The Unicorn King”Bimoadji

最終更新:9/15(日) 16:19
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事