ここから本文です

里帰り出産中に、自宅でコスプレ撮影会をした夫に賠償請求をしたい

9/15(日) 19:01配信

Suits-woman.jp

弁護士・柳原桑子先生が堅実女子の悩みに答えてくれる連載です。今回の相談者は藤山祥子さん(仮名・32歳・飲食店経営)。

「結婚2年目になる夫のことで相談です。去年、私が独身時代に貯めた700万円を頭金にして、近郊に古民家を購入しました。家は1階をカフェに、2階を住居に改装しました。このリフォーム代は全額私の実家が出してくれました。ただ、家の毎月のローンの半額は夫が支払っています。

私は里帰り出産のために、1か月ほど実家に帰っていたのですが、そのスキをついて、夫が撮影好きな中年男性たちの撮影会場として貸し出していたんです。

教えてくれたのは弟で、「これ、お姉ちゃんの家じゃない?」と、ある写真SNSの投稿を見せてくれたのですが、それは確かに私の家でした。フランスのアンティークのテーブルやテーブルクロスは、かなり印象に残るものです。そこで、おかしなコスプレをした人が、とんでもないポーズで写っているのです。

一番ショックだったのは、家具屋さんを何十軒も探して見つけたベッドの上で、猫耳をつけて包帯を巻いた女性がビキニで座っている写真。これを見たときは、吐き気がしました。

すぐに夫を呼びつけて、夫を問い詰めたら「そうだよ。2万円で貸し出した。ネットで知り合った撮影サークルの人達。だって、住宅ローンを払っているのに、儲けないともったいないじゃん。終わった後はきちんと掃除も消毒もしているから大丈夫だよ!」と答えたのです。

ホントにありえない。そんなお金で、家族の大切な家、プライベートな寝室を、よく知らない人に開放するという感性も許せません。

夫は謝っていましたが、そんな不潔なことが行なわれた家に住んでいたくありません。別居しようと思うのですが、引っ越し代は夫が出すべきですよね。あと、私や実家がお金を出した家なので、損害賠償請求をしたいのです。この場合、どのように手続きをすすめればいいのでしょうか。

1/2ページ

最終更新:9/15(日) 19:01
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事