ここから本文です

【断捨離】「気づけば同じ形の服ばかり…」そんな人にオススメの取捨選択のやり方は?

9/15(日) 17:55配信

with online

スタイリストの石川美久さんによる、クローゼットの見直し指南!

「自分的な“似合う”を基準に選んでいたら同じようなアイテムばかりに……」というwith girls 泉マリコさん(デザイナー・32歳)。物量は多いですが、似ている服の組み合わせが多いのが問題!

CLOSET DATA

・洋服の収納枚数・・・71枚
(内訳:トップス28枚、ボトムス32枚、ワンピース11枚)
・靴・・・18足
・バッグ・・・16個

【STEP1】まずは、「見える化」から!

★なりたい憧れ像は『辛めのアイテムも着こなせるコーデ上手』
本当はもう少しキレ味のある、辛口コーデをしたいんです。パンツやカラーレスな着こなしも挑戦してみたい!

ボトムスは体型カバーができるフレアスカートがメイン。「華やかさが欲しいから」という理由できれい色が多く、その数なんと30枚超え! その受け皿となるコンパクトトップスもデザインが似たものばかり……。

【STEP2】アイテムCheck!

・とにかく形が似ているアイテム多数!
お尻がコンプレックスという泉さん。そのためスッキリ見えるフレアスカートばかり手にとってしまい、トップスはフレアスカート前提で買ったコンパクトシルエットのものでいっぱい!

・コーデのレパートリーを増やしたくてアイテムを買い足しがち
変化をつけるため、新しい服や小物は常にチェック。しかしコンパクトトップス×フレアスカートの基本コーデが変わらないので、あまり変化はナシ。

→解決策は、「余分を削ぎ落としてミニマム化!」

【STEP3】取捨選択! 絞り込みスタート

1◆多発しているシルエットかぶりの「トップス」を吟味!

フレア袖ブラウスが、色チや微妙な形違いでなんと8枚も! 「使い方は同じなので最低限に絞り、その他は断捨離を! 見え方が変わるリブニットやシャツはそのままキープします」(石川さん)

とにかくフレア袖のデザインだらけ! 泉さんが目指す「なりたい像」とは少しずれるので、印象を変えたいとき用に2~3着残せばOK。

シャツやシンプルなVネックトップスは、コーデを辛口にまとめるときに役立ちます。トップスは「異なる形」を残すのが◎。

1/2ページ

最終更新:9/15(日) 17:55
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事