ここから本文です

「やっぱりワールドクラスだなと」元日本代表DF酒井高徳が語るビジャの凄み

9/15(日) 6:30配信

SOCCER DIGEST Web

「彼はパスを結構ギリギリまで待つタイプ」

[J1リーグ26節]神戸2-1松本/9月14日/ノエビアスタジアム神戸

 ヴィッセル神戸と松本山雅FCとの試合でひと際輝きを放ったのは、元スペイン代表のダビド・ビジャだった。

【動画ハイライト|神戸対松本】酒井の鋭い縦パスからビジャの”十八番”ミドルが炸裂!!

 左サイドで縦パスを受けると、小刻みのステップでジリジリとペナルティエリア内に侵入。DFのタイミングを外し、斜め45度の位置から鮮やかにゴール右隅に決めてみせた。

 この縦パスを供給したのは今夏に神戸に加入したばかりの酒井高徳だった。この左ウイングバックは、得点シーンをこう振り返る。

「すごく信頼してくれているのを感じているし、自分もダビ(ビジャ)を見ていると日頃から言っている。正直練習で合わなかったことが結構あったんですけど、それも含めて、試合中とか練習中とか、常々コミュニケーションを取っているので、それが今日はうまくはまった。先制点も僕がボールを持つと、動き出してくれるから、そこにしっかり合わせるだけでした。あとは個人技が素晴らしいので、ダビに今日は助けられた」

 ドイツのブンデスリーガで8シーズンに渡りプレーをし、日本代表でも活躍をしてきた酒井から見ても、やはりビジャは頼もしい存在だ
 
 酒井はさらにそのエースの特徴と凄みを語る。

「彼はパスを結構ギリギリまで待つタイプなので。あの時も最初(古橋)亨梧に簡単に出そうと思ったんですけど、ダビが最後の瞬間に裏を狙って動いたのが目に入ったので、とっさに変えて、奥に入れました。うまく通って彼の力が発揮できたのはすごく良かった。先発復帰して、すぐにああやって素晴らしいゴールで結果を出せるというのは、本当にワールドクラスの選手だなと思います」

 左ふくらはぎ痛の影響でリーグ6試合ぶりの先発出場だったが、わずか13分で大仕事をこなしてしまうのだから恐れ入る、といったところだろう。

 合流してすぐにチームメイトの特徴を掴んでしまう酒井と、巧みにパスを引き出す超一流FWビジャの連係は、今後さらに深まっていくに違いない。ふたりのコンビネーションプレーに期待したい。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:9/15(日) 8:55
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事