ここから本文です

【横浜】喜田拓也が言う先制点の「ちっちゃい差」に、攻撃の“凄み”が凝縮されている

9/15(日) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

「0.5秒、半歩かもしれないけど」

[J1リーグ26節]横浜 3-0 広島/9月14日/ニッパツ

 上位対決を分けたのは、わずかな“差”だったのかもしれない。

【PHOTO】祝・仲川10ゴール!&3連勝で首位に迫る横浜FMの喜びギャラリー!

 重みのある先制点が生まれたのは67分だ。ティーラトンのスルーパスに反応し、左サイドを抜け出した遠藤渓太がクロスを上げると、ゴール前で仲川輝人が合わせてネットを揺らした。

 実はこの先制シーンでは、ティーラトンのスルーパスをカットしようとした広島のハイネルは、足をかすめていた。そして、仲川のマークをしていた荒木隼人はスライディングで足を延ばしたものの、あと一歩届かなかった。そのくらい、ギリギリの局面で生まれたゴールだったのである。

 この均衡を破った得点について、喜田拓也は「ちっちゃい差かもしれないですけど」と述べつつ、その“差”を生み出せている要因をこう語った。

  「自分たちの共通認識が(相手の守備を)崩せた要因だったと思います。お互いに分かり合っていますし、スピードアップのタイミングだったり、意識が合っている分、ホント0.5秒、半歩かもしれないけど、先手を取れたりというところもあると思う。最後はそういう部分が(勝負を)分ける。そういうところを出せたのは(相手の守備を崩せた)要因なのかな」

 横浜の躍動感溢れるスピーディな崩しは、間違いなく広島の堅守に綻びを作っていた。パスのタイミングがずれたりして連係がままならなければ、攻撃のスピードは落ちかねないが、喜田が言うように「共通認識」があるからこそ、魅力的なアタッキング・フットボールを展開できたのだろう。

「共通認識」は練習の賜物。そして、「ちっちゃい差」を生み出せたところに、横浜の攻撃の“凄み”が凝縮されていると言っても過言ではない。

 自分たちの攻撃に自信を持つ喜田は「どんな相手でも今日みたいな形になったと思う」と言う。終盤戦に向けて、まだまだ横浜の勢いは加速しそうだ。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:9/15(日) 8:58
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事