ここから本文です

【鹿島】「俺ら、前に出ちゃうんで」チームに揺るぎない一体感を生み出す“ベンチ力”

9/15(日) 9:34配信

SOCCER DIGEST Web

内田は試合前に「早めに注意してください」と挨拶

[J1リーグ第26節]鹿島2-0FC東京/9月14日/カシマ
 
 その数が、増えてきているような気がする。
 
 ベンチに控える内田篤人が、タッチラインぎりぎりまで出てきて、味方に熱のこもった指示を出す。そうした姿は開幕当初からも見られていた。判定に納得がいかなければ、線審に詰め寄ることもある。
 
 そんな内田に“加勢”するメンバーが、増えてきているような気がするのだ。FC東京との大一番でも、出番を待つ選手たちに加え、交代してベンチに下がった選手までもが、座らずに立ったまま仲間たちの戦いを見守り、時には大きな声を張り上げる。
 
 そうした振る舞いは、審判団からすれば、あまり良い印象を持たれていないのかもしれない。実際、試合前に内田は第4審判に「俺ら、前に出ちゃうんで。早めに注意してください」と挨拶に行ったという。
 
 着目すべきは、内田が「俺」ではなく、「俺ら」と複数形を使っていることだ。これほどベンチ前が、良い意味で騒々しくなるチームはあまりないのではないだろうか。
 
 先発はもちろん、ベンチスタートとなり、たとえ出場の機会が訪れなくても、勝利を目指す選手たちは、同じ方向を向いて、一枚岩になって戦う。内田が言うように、今の鹿島は「チーム全体で勝つ」ことを体現できている。
 
「別に俺だけじゃなくて、気づいた選手が言えばいい。経験のあるヤス(遠藤康)やソガさん(曽ケ端準)もいる。ベンチの一体感はすごく大事。(監督の大岩)剛さんも言っていますけど、苦しい時に、みんなの顔を見て、ベンチからの声を聞いて、それで走れるぐらいなら、声を出す。それは別に、俺がグラウンドにいてもいなくても、関係ない」(内田)
 
 そうしたベンチからの声は、しっかりと届いている。FC東京戦でフル出場したCB犬飼智也も「聞こえていますね」と認め、「試合が止まった時とか、点が入った時には、自分から話しにも行きます」と、密なコミュニケーションを取っていることを明かす。
 
 ピッチに立つ選手たちと同じぐらいの熱量で、ベンチメンバーがファイティングポーズを取る。「一体感を感じる」と犬飼は言う。「出ている俺らがやらないといけないって思う。やっぱり、そういうのは大事だし、チームになっているなって思いますね。良い雰囲気だし、メンバーに入っていない選手たちも一緒に戦っている。良いチームですよね」とも。

【鹿島 PHOTO】ホームで快勝した鹿島。首位FC東京との勝ち点差はついに1

1/2ページ

最終更新:9/15(日) 9:34
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事