ここから本文です

三好康児がベルギー初出場&初ゴール! 交代から5分で決勝弾の鮮烈デビューを飾る!!

9/15(日) 23:22配信

SOCCER DIGEST Web

名門アンデルレヒトを沈める一撃

 現地時間9月15日に行なわれたベルギーリーグ第7節で、アントワープは名門アンデルレヒトとアウェーで対戦し、2-1で勝利した。

【ゴールMOVIE】まさに勝利の立役者! ゴールを決めた三好と仲間たちの姿はこちら!

 今夏にアントワープへ加入した三好康児は、ベンチスタート。またアンデルレヒトは、選手兼監督を務めるヴァンサン・コンパニがメンバー外となり、若手中心のメンバー構成となった。

 前半はともにゴールを挙げられず、試合が動いたのは後半だった。先制したのはアントワープ。49分にライオラ・レハイノフが先制ゴールを決める。だが、リードは長く続かず、65分に同点に追い付かれる。

 しかし、78分にアンデルレヒトが退場者を出すと、アントワープは攻勢を強めるべく、80分にアマラ・ベビ、82分に三好を立て続けに投入する。

 初めてベルギー・リーグのピッチに立った三好が輝いたのは87分だった。ペナルティーエリアのやや外側でボールを受けるとすかさずシュート。一度はDFに阻まれるも、こぼれ球を拾ってターンしながら持ち直し、左足を振り抜いたシュートが、ネットを揺らした。

 勝利を引き寄せるゴールを決めた日本代表MFは、89分にも味方のシュートが弾かれたところをすかさずループで狙う。ボールは枠を捉えていたが、これは惜しくも相手DFによってゴールライン上でクリアされた。

 試合はこのまま2-1で終了。三好の鮮烈なデビュー弾により、アントワープがアンデレヒトを下している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:9/16(月) 6:44
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事