ここから本文です

15歳シェルバコワ、4回転ルッツ成功でリーザ逆転初V 海外絶賛「ただただ驚くだけだ」

9/15(日) 10:32配信

THE ANSWER

SP3位から逆転でシニアデビューV、15年世界女王トゥクタミシェワを抑える

 フィギュアスケートのロンバルディア杯は14日(日本時間15日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の15歳アンナ・シェルバコワ(ロシア)がフリー1位の150.47点のハイスコアをマークし、合計218.20点で逆転優勝を飾った。母国の15年世界女王エリザベータ・トゥクタミシェワを2位に抑えたシニアデビューV。驚異の高さで決めた4回転ルッツの動画が海外で反響を呼び、海外メディアは「まさにゴージャス。我々も、ただただ驚くだけだった」と絶賛している。

【動画】このジャンプに世界が驚き! 「まさにゴージャス」と海外絶賛、驚異の高さで…シェルバコワが決めた4回転ルッツの実際の瞬間 

 ロシアの15歳がシニアデビュー戦で世界にインパクトを与えた。シェルバコワは演技の冒頭、スピードに乗った助走から踏み切ると、高いジャンプを繰り出して鋭く回転。4回転ルッツを披露し、余裕をもって着氷した。さらに、演技中盤にはスピンしながら衣装を青から赤に変える仕掛けも作り、観る者を魅了。圧倒的なパフォーマンスで150.47点のハイスコアを叩き出した。

 合計214.38点だった母国の元世界女王トゥクタミシェワを上回り、シニアデビュー戦で優勝。ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイドスケーティング」公式ツイッターは「4回転ルッツに挑み、それを決めてしまう蝶を想像して欲しい。その蝶の名はアンナ・シェルバコワ」と情緒的に記した。

 さらに「フリーの後半では蝶が火の鳥になった。蝶/火の鳥はまさにゴージャス。我々も、ただただ驚くだけだった」と「火の鳥」の世界観を表現した演技を高く評価した。シニアデビュー戦でも臆することなく戦い抜き、頂点に立ったシェルバコワ。母国の同世代にはアレクサンドラ・トルソワ、アリョーナ・コストルナヤら逸材ぞろいだが、新世代の中心として牽引していく。

THE ANSWER編集部

最終更新:9/15(日) 10:32
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事