ここから本文です

永井大、空手“雷神ジャパン”にエール「火事場のばか力を見せていただきたい」

9/15(日) 10:00配信

ザテレビジョン

2020年東京オリンピックの新種目として注目されている空手の魅力を紹介する「空手プレミアリーグ東京2019」(昼3:50-4:50、フジテレビ)が、9月16日(月)に放送される。

【写真を見る】空手“雷神ジャパン”の注目選手や見どころを解説!

開催まで残り10カ月と迫る中、東京オリンピックを目指して世界のトップ選手が出場する「KARATE 1プレミアリーグ東京2019」の試合映像を振り返りつつ、“団体・形”で世界選手権優勝を果たした清水由佳と、“組手”で世界選手権において3度の銅メダルを獲得した松久功、そして、高校、大学と“組手”で全国5位に入賞し、東京2020オリンピック空手アンバサダーを務めている俳優の永井大が、その魅力を探っていく。

番組では、「“形”と“組手”は何が違うの?」といった素朴な疑問も丁寧に解説。1回戦から準決勝までの日本人選手の激闘の模様を振り返った後、注目の決勝戦の模様も放送。

さらに、東京オリンピックに向けての注目ポイントも紹介する。

■ 永井大コメント

この度、東京2020オリンピック空手アンバサダーを務めさせていただいている永井大です。今回のオリンピックで空手が正式種目になった事、本当にうれしく思います。

私自身も空手道に携わり35年。この時を待ちわびていたのでこの上ない喜びを感じています。今回のプレミアリーグは東京・日本武道館で開催されるという事で、選手にとっても良いシミュレーションになると思うのでぜひとも東京オリンピックをイメージして頑張っていただきたいと思います。

参加される全選手に注目していますが、その中でも注目しているのは荒賀龍太郎選手です。長年、ナショナルチームの中心で注目され世界でも活躍されている選手なので、今大会はもちろん、東京オリンピックでも活躍し、メダルを獲得してもらいたいと思います。

自分自身も組手の選手だったので(笑)、とにもかくにも、空手“雷神ジャパン”の皆さんには火事場のばか力を見せていただきたく思います。

■ 「KARATE1 プレミアリーグ」

WKF・世界空手連盟が年数回にわたり世界中で開催している大会。選手は各大会での勝敗によってポイントが加算され、年間を通してランキング付けが行われる。

さらにこの大会での成績は、2020年東京オリンピックの出場権にも関わるため、世界中の強豪がしのぎを削り合う舞台となっている。2019年のプレミアリーグは、パリ、ドバイ、ラバト、上海、東京、モスクワ、マドリッドの7都市で開催され、東京大会は5番目の大会となり、9月6日から8日の3日間をかけて優勝を争った。

今回の大会は、オリンピックまでの期間で唯一日本で開催される国際大会ということもあり、オリンピックの前哨戦さながら、世界79の国と地域から681名の選手がエントリーした。(ザテレビジョン)

最終更新:9/15(日) 10:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事