ここから本文です

窪塚洋介、料理人に影響を与える御膳奉行役に! 松本穂香主演「みをつくし料理帖」に出演

9/15(日) 12:00配信

ザテレビジョン

窪塚洋介が、松本穂香主演の映画「みをつくし料理帖」(2020年秋公開)に出演。その場面写真が到着した。

【写真を見る】澪(松本穂香)が仕事の合間に通う化け物稲荷で、店の常連でもある小松原(窪塚洋介)と出会うシーンに、二人の関係の展開への期待が高まる

高田郁による時代小説のベストセラー「みをつくし料理帖」を劇場版映画化した本作。窪塚は主人公の料理人・澪(松本)に料理の基本とは何かを考えるきっかけを作る御膳奉行の小松原を演じる。

今回公開された場面写真は、澪が「つる家」の仕事の合間に通う化け物稲荷で、店の常連でもある小松原と出会うシーン。

そこに祭られている神狐の表情に幼なじみの野江を思い、毎日のように手を合わせにやってくる澪と、彼女を優しい眼差しで見守る小松原の姿が映し出されている。

この先、二人の運命はどんな展開を迎えるのか、期待が募る一枚となっている。

■ 物語

時は享和二年、大坂。8歳の澪(松本穂香)と野江(奈緒)は、暮らし向きが違えども仲の良い幼なじみだった。「何があってもずっと一緒や」と約束を交わす二人だったが、その約束の夜から大坂に大洪水が襲う。

それから時は流れ、江戸の神田にある蕎麦処「つる家」に、女料理人として働く澪の姿があった。あの大洪水で両親を亡くし、野江とも離れ離れになってしまった澪は、「つる家」の店主・種市に助けられたのだった。

種市に天性の料理の才を見出され、女でありながら料理人として働いていた澪は、江戸の味になじめず試行錯誤の日々を過ごしいたが、やがて「つる屋」の看板料理を見出していく。

たちまち江戸でも評判になっていく店にある日、吉原の扇屋で料理番をしている又次(中村獅童)という強面の男がやってきた。吉原で頂点を極めるあさひ太夫のために澪の看板料理を作ってくれと頼むのだった。この日を境に運命の歯車が動き出す。

果たして、澪と野江は再会を果たせるのか。幾度となく訪れる艱難辛苦を乗り越えながら、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と、不変の友情を描く。

(ザテレビジョン)

最終更新:9/15(日) 12:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事