ここから本文です

<なつぞら>福地桃子、サポーターからの“夕見子コール”に「とても感激しました!」

9/15(日) 9:20配信

ザテレビジョン

広瀬すずがヒロインを演じる、連続テレビ小説「なつぞら」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)に出演中の福地桃子が、9月14日に北海道・苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナにて行われた「アジアリーグ・アイスホッケー2019‐2020」の開幕戦「王子イーグルス×ひがし北海道クレインズ」のフェイスオフセレモニーに登場した。

【写真を見る】福地桃子のかわい過ぎるユニホーム姿!

「なつぞら」は、戦争で両親を亡くし、きょうだいと離れて北海道・十勝で育ったヒロインの奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京し、アニメーターとしてみずみずしい感性を発揮していく姿を描く物語。

福地は、なつが幼少期に引き取られた柴田家の長女・夕見子役。自分なりの道を切り開いていくという役どころで、芯が強く、ストレートな物言いで人気を集めた。

「フェイスオフ」とはアイスホッケーの試合開始や試合再開のことで、両チームの選手の前にパックを落とすというセレモニー。背中に“YUMIKO”と書かれた「王子イーグルス」の真っ赤なユニホームに身を包んだ福地が登場すると、会場からは“夕見子コール”が巻き起こった。

■ 福地桃子「絶対にまた観戦したいと思いました!」

アイスホッケーの試合を生で観戦するのは初めてだという福地は「選手のぶつかり合う感じや展開のスピード感など、その迫力に圧倒されました。あと、ファンの皆さんのスタンドからの応援にもすごく感動しました。実際に見たアイスホッケーは、すごく楽しかったです。絶対にまた観戦したいと思いました!」と高揚しながら語った。

また、福地がイベントで「なつぞら」の舞台である北海道を訪れるのは今回が3度目。

北海道の“なつぞらファン”との交流について、福地は「どのイベントでも、北海道の皆さんは『ただいま』と言いたくなる温かい雰囲気で迎えてくださいました。今日も王子イーグルスのサポーターの皆さんが“夕見子コール”で迎えてくださって、とても感激しました! いつも活力を頂いています」と笑顔でコメントした。

■ 第145回(9月16日[月]放送)のあらすじ

マコプロダクションで日曜も忙しく働くなつたち。そこに千遥(清原果耶)とその娘が現れた。

「大草原の少女ソラ」のファンだという千遥の娘に、麻子(貫地谷しほり)がソラのセル画をあげるも、足早に去ろうとする千遥。

なつのことは娘には何も話していないのだと言う。今どうしてるのかと聞くなつに、千遥は東京・神楽坂の料理店で働いているので、お客として一度来てほしいと言い残して去る。(ザテレビジョン)

最終更新:9/15(日) 9:20
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事