ここから本文です

フィルミーノが魅せた! 超絶“足裏アシスト”に英メディア脱帽「大胆不敵なフリック」

9/15(日) 6:50配信

Football ZONE web

3-1で快勝したニューカッスル戦、サラーの3点目を演出

 リバプールは現地時間14日、プレミアリーグ第5節で日本代表FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルを本拠地アンフィールドに迎え、3-1と快勝した。これで開幕5連勝と絶好調の欧州王者だが、途中出場から勝利を決定付ける3点目を演出したブラジル代表FWロベルト・フィルミーノの華麗なアシストが反響を呼んでいる。

【動画】左回転しながら両足裏を使って超絶フリック! リバプールFWフィルミーノ、サラーの得点を演出した「輝かしいアシスト」の瞬間

 試合は前半7分、アウェーのニューカッスルがDFイェトロ・ウィレムスのゴールで先制。1点を追う形となったリバプールだったが、同28分に左サイドを突破したDFアンドリュー・ロバートソンの横パスを受けたFWサディオ・マネが、鮮やかなコントロールショットを叩き込み同点に追いつく。さらに同40分にもカウンターから抜け出したマネが決めて2-1と逆転に成功した。

 後半22分からニューカッスルの武藤が投入されたなか、その5分後の同27分だった。リバプールがボールを保持し敵陣でボールをつなぐなか、MFファビーニョから中央やや右寄りでボールを受けたFWモハメド・サラーが、中に切り込みながら相手2人の間を通してフィルミーノに縦パスを送る。これをブラジル代表FWは、背後に相手を背負いながら右足裏で止めると、ボールを引きながら素早く左回転し左足裏でパス。これが絶妙なアシストとなり、ゴール前にいた相手6人を一気に置き去りにするワンツーパスからサラーが難なく決めた。

 勝負を決める3点目を演出したフィルミーノの足裏パスに、英メディアも脱帽。「BTスポーツ」公式ツイッターが「なんてゴールだ!」と速報すれば、「Give Me Sport」は「ロベルト・フィルミーノが輝かしいアシストで、ニューカッスル戦でのモハメド・サラーのゴールを演出」と報道。「スポーツ・バイブル」も「大胆不敵なフリック」と伝えた。

 悲願のプレミアリーグ制覇に向けて完璧なスタートを切ったリバプール。17日に連覇がかかるCL初戦のナポリ戦を敵地で戦い、22日のプレミア第6節ではアウェーで強豪チェルシーと対戦と、重要な連戦に挑む。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/15(日) 6:50
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事