ここから本文です

沢尻エリカ「小栗旬さん演じるダメ男が最高。実生活にダメ男はいらないけど」

9/15(日) 8:46配信

女子SPA!

「走れメロス」「斜陽」などで知られる文豪・太宰治の傑作「人間失格」誕生をめぐる人間ドラマ『人間失格 太宰治と3人の女たち』が公開中です。

⇒【写真】『人間失格』での小栗旬さんとの1シーン。

『Diner ダイナー』の蜷川実花監督が小栗旬さんを主演に撮りあげた本作で、太宰をめぐる女性のひとりである作家志望の太田静子を演じ、『ヘルタースケルター』に続いて蜷川監督と組んだ沢尻エリカさんにインタビュー。

 静子についてや、小栗旬さん、静子の弟を演じた千葉雄大さんの印象などを伺いました。

静子はどこまでもピュアな人

――「人間失格」という小説の映画化ではなく、そのときの太宰と家庭、まつわる女性たちを描くという、本作のコンセプトをどう思いましたか?

沢尻エリカさん(以下、沢尻)「面白いと思いましたね。太宰という人間が素直によく見えた。もちろん太宰治の名前はみんなが知っているけれど、でもこんな人だったとは思っていない人も多いでしょう。こんなクズだったんだと(笑)」

――演じられた静子は、そんなクズでもあった太宰に恋しますが、静子の印象は?

沢尻「どこまでもピュアな人なんだと思いました。とにかく恋にウキウキ、ルンルンしていて、自分の感情にストレートに生きていく。当時は難しかったと思いますが、それをやりきった女性。やってることは私には理解できませんけど、自分の好きなことに対する姿勢は好きです」

小栗旬さん、千葉雄大さんの印象は?

――太宰治を演じた小栗旬さん、静子の弟役を演じた千葉雄大さんの印象を聞かせてください。

沢尻「小栗さんとは、10代のころに共演したことがあるんです。ただそのときはあまりお話していなくて。今回は役やシーンのことを含め、ちゃんとお話ししてお芝居ができました。とても魅力的な人だと思います。

 千葉さんは可愛い。楽屋でみんなとゲームをしていることが多かったのですが、そのときも可愛かった。役柄的に弟だからというのもあるでしょうけど、年齢を聞いて驚きました。もう30歳ですか!? 22~23歳のイメージだったので、そうなんだ!って。とにかく可愛かったです」

――本編にはいくつも名フレーズが登場します。沢尻さんが好きなのは?

沢尻「『人間は、恋と革命のために生れて来た』、やっぱりこれでしょうね。自分自身がそう言ってみたいとは特に思いませんけど、でもステキな言葉だとは思います」

1/2ページ

最終更新:9/15(日) 8:46
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい