ここから本文です

ジャケ買い駅弁グランプリ 西日本篇パケ目立ち必至のビジュアル系ベスト11

9/15(日) 7:00配信

CREA WEB

◆ゴジラ対ひっぱりだこ飯[兵庫県 明石]

ゴジラVS明石のタコ飯美味しい対決をその舌で 蛸壺の形をした陶器にタコ飯を詰めた「ひっぱりだこ飯」。

 1998年の発売以来、関西を代表するユニークな駅弁のひとつとして人気を集め、2019年1月には特撮映画『ゴジラ』とコラボした新商品「ゴジラ対ひっぱりだこ飯」を発売した。

 ゴジラとの熱戦で焼かれた「ひっぱりだこ飯」をイメージしているそうで、ゴジラとタコが戦う様子をデザインした壺は黒く、中のタコは焼ダコに。

 タコの旨みが凝縮したご飯に、焼ダコのほか、穴子や季節の野菜などが乗っていて、中にはうずらの卵が隠されている。

●販売駅

JR西明石駅、JR東京駅「駅弁屋 祭」

淡路屋

所在地 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3-6-18電話番号 078-431-1682http://www.awajiya.co.jp/

◆しまかぜ弁当[大阪府 難波]

旅気分を盛り上げる見た目も味もご当地感満点 大阪難波駅、京都駅、近鉄名古屋駅の各駅から伊勢志摩方面に向かう、観光特急「しまかぜ」が駅弁に。

 明治36年に創業したお弁当製造販売の老舗「淡路屋」が手掛けていて、同店の列車型駅弁シリーズは容器が陶器なのが特徴のひとつ。

 但馬牛のすき焼きが入った巻き寿司をメインに、三重県が発祥といわれる天むすに関連させた海老フライも入っていて、容器だけじゃなく具材にもご当地色が満載。

 大阪難波駅構内の売店「箱夢」で販売されている。

●販売駅

近鉄 大阪難波駅「箱夢」

淡路屋

所在地 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3-6-18電話番号 078-431-1682http://www.awajiya.co.jp/

◆桃太郎の祭ずし[岡山県]

桃太郎伝説×郷土料理彩り豊かな岡山の味 江戸時代、殿様の倹約令のもと庶民の知恵から生まれた「ばら寿司」。

 お祭りの時などハレの日のご馳走として昔から親しまれていたことから同店では「祭ずし」と命名し、岡山に伝わる桃太郎伝説と掛け合わせ「桃太郎の祭ずし」として発売している。

 キリッと快活そうな桃太郎をデザインした箱の中に桃型の容器が入っていて、蓋を開けると彩り豊かな祭ずし。

 鰆、ママカリ、タコの酢漬け、海老、椎茸やタケノコの煮物など、海と山の幸が詰まっていて、どれから食べようか迷ってしまうほど。

●販売駅

JR岡山駅

三好野本店

所在地 岡山市中区桑野131-6電話番号 086-200-1717http://www.miyoshino.com/

2/4ページ

最終更新:9/15(日) 7:00
CREA WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事