ここから本文です

ワケギとアサツキの違いは何?

9/15(日) 8:00配信

NHKテキストビュー

外見はよく似ているワケギとアサツキ。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに、その違いを教えてもらいました。



* * *



ワケギは寒さに弱いため、西日本での栽培が盛ん。タマネギの一種である「エシャロット」と「ネギ」の交雑種で、株元から旺盛に分けつするのが特徴です。「アサツキ」は、古くから日本に自生していたネギの仲間。寒さに強く、主に東北などの寒冷地で栽培されています。また、ワケギとよく混同される「ワケネギ」は、主に関東で栽培され、夏期に休眠しないことから、分けつネギの変種と推定されます。ワケギはタネ球から増やし、ワケネギはタネか苗から増やすのも大きな違いです。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年8・9月号より

NHK出版

最終更新:9/15(日) 8:01
NHKテキストビュー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事