ここから本文です

携帯ショップも繁忙期に 1年で最も機種変更が増える「新作iPhone販売」の現場

9/16(月) 7:00配信

マネーポストWEB

 米・アップル社が11日に、iPhoneシリーズの最新機種となる「iPhone 11」、「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro MAX」を発表した。昨今、スマートフォンの普及率も高止まりし、買い替えサイクルも長くなったことで苦境が続いている携帯ショップ業界にとっては、重要な商戦期となる。

 携帯ショップの現場では今回のiPhone新機種発表をどう受け止めているのか。大手通信キャリアで携帯ショップを統括する男性・A氏が、その内情を明かす。

1年間で最も機種変更が増える季節

「例年iPhoneの新機種が発表となる9、10月は、新生活での需要が増える1~3月に続く、2番目の繁忙期です。根強いiPhoneファンも多いことから、1年間でもっとも機種変更が増える時期でもあります。スマートフォンの普及率は84%とほぼ頭打ちの状況なので、iPhoneを購入する顧客の9割が機種変更。新作が出ると同時に価格が安くなるため、現行機種の販売が増えることもiPhoneならではの特徴です」(A氏、以下「」内同)

 1週間の間に、A氏の携帯ショップを訪れる平均的な人数は約300人。新型iPhone発売後の最初の1週間は、通常3倍以上の数字に跳ね上がる。そのためiPhoneの予約開始日以降はショップ店員のシフトも平日の人員を減らし、土日に集中させるなどの対応を行う。

「きちんと販売している携帯ショップに新機種が優先的に割り当てられるため、iPhoneの販売のみに注力するような店舗もあります。本部からは、他の商品やオプションの加入率が下がらないように指導がありますが、なかなかうまくいきません。かき入れ時ではあるものの、現場の忙しさも増すため、前後でスタッフの退職が増えるのも、毎年の風物詩です」

家族全員でのiPhoneへの機種変更を促す

 新規の契約が生命線である携帯ショップにとって、狙い目となるのは「家族割で契約をしていない顧客」だという。

「単身で回線を契約している契約者は、家族が他キャリアを利用している可能性が高い。そういった顧客をリストアップし、一人ずつ営業電話をかけます。契約者本人には、最新端末が『予約なしでも購入できる』と案内し、家族には安価な現行機種を勧めて、一気に家族全員の契約を獲得するのが、“勝ちパターン”のひとつです」

脱却できない「iPhone頼み」

 だが、新作発売による熱が年々盛り下がり傾向なのも事実だ。

「目新しいデザインの変化もなく、革新的な新機能もない。会社としてはGoogle PixelなどのAndroid機種を販売していく流れがありますが、それはスマホに関するリテラシーの高い人か、クルーに勧められてなんとなく購入する場合のみ。やはりスマホ普及期に、初めてのスマホとしてiPhoneを購入した人が圧倒的に多く、その人たちが延々と機種変更する。結局巡り巡って、『iPhone頼み』にならざるを得ないのが、携帯キャリアの実情です」

最終更新:9/16(月) 7:00
マネーポストWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい