ここから本文です

成人した連れ子と養子縁組するメリットとデメリット

9/16(月) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 再婚を考える歳、決断に影響を与える要素のひとつが、相手に子供がいるかいないかだろう。結婚すれば身内になるのだから、考えなくてはいけないことはたくさんある。再婚相手の成人した子供と養子縁組をした場合、どんなメリット・デメリットがあるのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 54歳になります。恥ずかしながら、再婚したいと思っています。気になるのは再婚相手に23歳になる娘がいること。知人の話によれば、養子縁組をしなければいけないとか。でも、娘は成人なのでピンときません。そこで成人した子供と養子縁組を結んだ場合のメリット、デメリットを教えてください。

【回答】
 再婚相手の子供と養子縁組を結ぶ義務はありません。養子縁組は、養親や養子になる人同士の任意の合意によるべきもので、義務付けされることはないのです。親子の親愛の情を抜きにして損得で考えれば、養子縁組で生じる負担としては、まず扶養義務があります。連れ子が未成年者なら、養子縁組で親権者になるので、監護や教育をする義務を負います。

 養子が成人でも、法律上の親子になり、養子が扶養を必要とする状態だと当然に扶養義務を負います。養子にしなければ、妻の子供として一親等の姻族にすぎないので、家庭裁判所の命令がない限り、具体的な扶養義務は生じません。

 また、一旦養子縁組をすると、解消する場合には同意が必要です。同意がないときには、裁判上の離縁も可能ですが、離婚の場合とほぼ同じ条件が必要となります。すなわち、悪意の遺棄、3年以上の生死不明、縁組を継続しがたい重大な事由のどれかが必要です。

 メリットは、その裏返しになると考えればよいでしょう。あなたが将来扶養を必要としたとき、養子に求めることができます。ただし、高齢者の扶養は未成年者を扶養する場合のように、自分の物も分かち合うという、いわゆる生活保持義務ではなく、生活にゆとりがある範囲内で扶助すればよい生活扶助義務にとどまるとされています。それでも、養子縁組がない場合と比べてマシです。

 次に、養子はあなたの相続人になります。子がいない場合、妻とともに親や兄弟が相続しますが、養子にすれば、その子と妻が、あなたの財産をすべて相続します。そもそも成人になっている娘さんが養子になることを望むか疑問です。損得よりも、親子の情愛がもてるかどうかが大事なように思います。焦らずに、熟考した上で判断されたら、いかがですか。

【プロフィール】竹下正己●1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2019年9月20・27日号

最終更新:9/16(月) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事