ここから本文です

ヤクルト・山田哲人 バットだけではない「武器」/これぞプロの技!

9/16(月) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

 秒速の世界にこそ、プロ野球の妙が詰まっている。今季の山田哲人は「足技」でも魅せている。2015、16、18年と3度の盗塁王を獲得した経験のあるスピードスターが新たな境地に達した。

 0コンマ数秒の戦いに勝ち続けてきた。8月23日の阪神戦(神宮)の初回。一走・山田哲は二盗に成功。昨年8月26日のDeNA戦(神宮)から続く連続盗塁成功を「33」とし、11~15年にソフトバンク・福田秀平が記録した「32」を抜いて、連続シーズンでの連続盗塁成功のプロ野球新記録を打ち立てた。

「スタートは完璧に近い形でした。中間走とスライディングはそこまでではなかったけど、スタートが良かった分、セーフになった」

 さらに、今季の山田哲はこれだけにとどまらない。8月29日のDeNA戦(横浜)の4回には二盗を決め、「理想的というか、自分の走塁で得点に絡むことができた」とうなずいた。今季30個目となる盗塁で、プロ野球新記録の4度目となる30本塁打と30盗塁の「30・30(サーティー・サーティー)」を達成。同戦の6回にも二盗を成功させ、1964年に南海・広瀬叔功がマークした同一シーズンの連続盗塁成功「31」のプロ野球記録に並んだ。

 そして、翌30日の中日戦(ナゴヤドーム)の5回には今季32盗塁目を決め、広瀬の記録を抜いてプロ野球新記録を達成。類いまれなる野球センスで多くの記録を作ってきた背番号1が、足でも歴史に名を刻んだ。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:9/16(月) 12:02
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事