ここから本文です

【K-1 KRUSH】大沢文也、ワンの「エキサイティングな試合をお見せしたい」に対して「泥仕合の帝王なので泥仕合になる可能性が高い」

9/16(月) 1:21配信

ゴング格闘技

2019年9月16日(月・祝)東京・後楽園ホール『K-1 KRUSH FIGHT.105』の前日計量&記者会見が9月15日(日)都内で13:00より行われ、全選手が規定体重をクリアした。

【写真】“泥仕合宣言”する大沢

 計量後に行われた記者会見にセミファイナルのライト級戦で対戦する大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB)と中国のワン・ジーウェイ(中国/遼寧創新ジム)が出席した。

 ワンは「今回、来日が3度目になるのですが、またこうやって皆さんとお会いできることを光栄に思う。試合では自分が持てる能力を100%発揮してみなさんにエキサイティングな試合をお見せしたい」、大沢は「明日のKRUSHは自分の試合も含めて、つまんないというか、世間一般的にもあんまり楽しいカードがないんじゃないかと思っているので、それを僕がいい試合をしてぶち上げます」とそれぞれ挨拶。

 大沢は当初、7月の日中対抗戦で卜部功也をKOしたジュー・シュアイと対戦予定だったがジューのケガで対戦相手が変更された。自ら対戦を希望していただけにモチベーションの維持が懸念されたが「モチベーションを上げるのは大変だった。ただAbemaTVさんに特集を組んでもらったやつを見たら、卜部功也選手に凄くいいことを言われたので、それですごくモチベーションが上がった。対戦相手が代わって、弱い相手になるのかと思っていたんですが、代わったのがワン選手で“おい、強い選手じゃないか”と思って、そこがうわーっとなった感じ(笑)。エキサイティングな試合をするかどうかは分からない(笑)。もともと決まっていたジュー選手よりワン選手のほうが明らかに強い。強い選手とやれるのは嬉しい」などと対戦相手の変更について語った。

 試合についてはワンが「私のチームメイトのジューがケガをしたので私が名乗りを上げた。相手の大沢選手は経験が豊富でリングでの試合コントロールも豊かで戦闘能力も高い選手だと思う。私も負けずにジューの分まで皆さんにエキサイティングかつインパクトのある試合を見せたい」と意気込むが、大沢は「(僕は)K-1グループでは泥仕合の帝王なので、ワン選手はエキサイティングな試合をしたいと言っているんですが、泥仕合になる可能性が高いのでそのへんはすいません(笑)。でもワン選手には謝謝と言いたい。少ない準備期間だったと思うが試合を受けてくれて感謝したい。日本人の強い選手が結構負けているので、僕は他の選手とは違うというところを見せて勝ちます。あと、今回のKRUSHなんですが、僕がメインだと思っています。僕の試合に期待してください」とアピールした。

最終更新:9/16(月) 1:21
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事