ここから本文です

腕時計とトップスの組み合わせルール。テイストで使い分けよう

9/16(月) 10:01配信

MEN’S NON-NO WEB

コーディネートの仕上げに腕時計をつけたけれど、しっくりこない──実は、トップスとテンションを合わせたり、あえて合わせなかったりすることが重要だ。人気スタイリストが推奨のペアリングを教えます。

シャツの場合

「大人っぽいシャツスタイルには、落ち着いたレザーバンドの腕時計をストレートに選びましょう。カジュアルな時計だとシャツの端正な印象が弱まり、子どもっぽくなってしまいます。文字盤がブラックだと、さらにこなれて見えますね」(スタイリスト泉 敦夫さん)

ロンTの場合

「流行りのストリートなロンTはG-SHOCKなどのスポーティなデジタルウオッチが好相性。シックなものではアンバランスに。時計の色がロンTのデザインを拾っているとベター」(スタイリスト泉 敦夫さん)

パーカやスウェットの場合

「デザインが入っていないベーシックなパーカやスウェットを一枚で着るのは物足りなさを感じることも多いはず。あえてビタミンカラーの腕時計をチョイスしてアクセントを加えてみれば、一気に華やいで着こなしの鮮度がアップ! 合わせやすいオレンジがおすすめ」(スタイリスト泉 敦夫さん)

ニットの場合

「シンプルニットにはシルバーのメタルバンドの腕時計を。トレンドのシルバーアクセサリー感覚で、着こなしに今っぽさとエレガントさをプラスできます。アナログ時計のほうが、よりニットにはマッチしますよ」(スタイリスト泉 敦夫さん)

※価格は全て税別です。Photos:Teppei Hoshida Stylist:Atsuo Izumi

最終更新:9/16(月) 10:01
MEN’S NON-NO WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事