ここから本文です

土星の環が明かす太陽系の歴史

9/16(月) 12:10配信

WIRED.jp

わたしたちが太陽を直に目視できないからといって、米航空宇宙局(NASA)にもできないというわけではない。NASAの太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーヴァトリー(SDO)」は、われらが恒星の仕組みをさらに理解しようとして、絶えず太陽を見つめている。

【画像ギャラリー】土星の環が明かす太陽系の歴史

まずは刺激的な太陽フレアに安全な方法で接近してみよう。これらの太陽フレアは、居住可能な地球と荒涼としたほかの太陽系惑星が、それぞれどのように進化してきたかを示唆している。

太陽には素晴らしいフレアがあるが、土星とその環には優美さと品格がある。土星探査機「カッシーニ」は2017年にその役目を終え、土星の大気に突入した。しかし科学者たちは現在も、カッシーニが残したデータの宝庫をじっくりと調べている。

土星の環は、極めて古い木の年輪のようなものだ。その環がいつから存在していたのか、環境がどう変わったのかを物語っている。太陽系全体が形成された経緯をほのめかしている可能性さえある。

新しい恒星系が育つには、まずは星間ディスクと呼ばれる大量の塵やガスを周囲にもつ恒星が必要になる。そうした渦を巻く塵はやがて合体して惑星になり、そして……ついに恒星系のできあがりだ(実際にはもう少し複雑だが、ここでは数十億年の説明を省略させてほしい)。

土星の環に隠れた天体の影響力

恒星の周囲を回る惑星を生み出す力学のいくつかは、惑星の周囲を回る衛星を生み出す力学と同様のものだ。そして、ひとたびそうした天体の形成が始まると、その天体自体が環に影響を及ぼすようになる。ここで土星の話に戻ろう。

土星のいくつかの環のなかには、ごく小さな天体が隠れている。小さいとはいえそうした天体は、近くの環をかき乱すだけの質量をもっている。そして2019年6月中旬になって、土星の環の化学的組成に光を当てた新しいデータが公開された。環を構成する粒子や、環の形成における粒子の役割を解明する手がかりとなるものだ。

SHANNON STIRONE

最終更新:9/16(月) 12:10
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事