ここから本文です

ショートヘアでもできる「ポニーテール」アレンジ集

9/16(月) 7:02配信

コスモポリタン

ポニーテールは、不器用な人でも簡単にできるヘアアレンジのひとつ。結ぶ位置や後れ毛を意識するだけでも、グンとおしゃれに見せることができる上、ショートヘアや伸ばしかけのミディアムヘアでも楽しめるアレンジです。ほんのひと手間、少しの工夫で見違えて見えるポニーテールのアイデアを、コスモポリタン アメリカ版より紹介します。

【写真】人気セレブが魅せる「ポニーテール」カタログ

超ローポニー

タイトにまとめすぎず、毛の流れを自然に残しておきたい時に、超ローポニーのまとめ髮テクはもってこい! テールの位置をできるだけ下につくることで、個性を演出。顔周りをすっきりまとめると、伸ばしかけのヘアもスマートに見えます。

<アレンジのポイント>
首の付け根の位置でまとめた毛束をヘアゴムで固定し、指を使ってゆっくりゴムを下にスライドさせ、末端の約5cmの位置で止めるだけ。作り方も簡単。

無造作ポニー

かつては寝坊の象徴だった無造作ポニーが、今ではクールなヘアスタイルに。ヘアアイロンとスプレーで質感を作ると、細い毛質の人でもアンニュイな雰囲気に仕上がります。

<アレンジのポイント>
顔周り、サイドの後れ毛を残しつつ、ミドル位置でポニーテールをメイク。頭頂部をほどよく膨らませ、空気を含んだかのように無造作に仕上げるのがポイントです。

スカーフを使ったポニー

前髪を伸ばしているあなたも、ポニーテールをするにはまだ若干長さが足りないかなというあなたにも、スカーフを使ったヘアアレンジはもってこい! さっと巻きつけて固定するだけで、スタイリッシュな雰囲気に。顔周りをすっきりと見せつつ、こなれ感を演出できます。

<アレンジのポイント>
ローポニーテールを作った後にスカーフを巻きつけ、それをポニーの根元で結んで固定すればOK。頭頂部の髪をほぐしながら、ボリュームをプラスすれば完璧。

バレッタ留めしたポニー

ヘアゴムの代わりにおしゃれなバレッタを使った万能アレンジ。シンプルなデザインのものを選べば、オフィシャルな場面にも対応できます。

<アレンジのポイント>
髪の毛をひとつに束ねてねじりを入れたら、根元にバレッタをオン。バレッタの位置を整えつつ、トップの髪の毛をゆるやかにくずしたら完成。毛質が細い人は、あらかじめバレッタの留め具部分にヘアスプレーをかけておけば、長時間のキープも可能に。

※この翻訳は、抄訳です。

最終更新:9/16(月) 7:02
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事