ここから本文です

フォーシーズンズホテル丸の内に「ガブリエル シャネル」の世界観を表現したアフタヌーンティーが登場!

9/16(月) 12:40配信

VOGUE JAPAN

フォーシーズンズホテル丸の内 東京・京都に、日本国内のホテルとして初めて、シャネルのフレグランス「ガブリエル シャネル」の世界観を表現したオリジナルアフタヌーンティー「ガブリエル シャネル アフタヌーンティー アット フォーシーズンズ」が登場。東京は10月15日(火)、京都は11月1日(金)より提供を開始する。

「ガブリエル シャネル」はジャスミン、チュベローズ、イランイラン、オレンジフラワーが織り成すフローラルノートが印象的なフレグランスだ。大胆不敵で情熱的な女性の凛とした表情と同時に、幸福感にあふれたフェミニンな柔らかさを感じさせる香りの世界観を、東京と京都、2つのフォーシーズンズホテルのカリナリーチームが、それぞれ華やかなアフタヌーンティーで表現した。

ヘッドシェフ・浅野裕之氏が率いる東京、エグゼクティブペストリーシェフ・濱本佳秀氏(※「濱」は正式には異体字)が率いる京都で、同じ「ガブリエル シャネル アフタヌーンティー アット フォーシーズンズ」の名のもと、それぞれ異なるメニューを提案。いずれも卓越したクラフツマンシップとクリエイティビティが光る、繊細で美しいスイーツと、食材の持ち味を生かした個性的なセイボリーで構成しており、秋の午後のティータイムを優雅に演出する。

VOGUE JAPAN

最終更新:9/16(月) 12:40
VOGUE JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事