ここから本文です

スイスの鉄道車両をピニンファリーナがデザイン

9/16(月) 12:11配信

WIRED.jp

公共交通においてスイス人が有名な点があるとすれば、電車を常に時刻表通りに走らせていることだろう。これに対してイタリア人は、自国の鉄道が時刻表通りだと自慢することはできないかもしれないが、美しい車体をデザインする能力に関しては右に出るものはいない。

【画像】ピニンファリーナがデザインした鉄道車両をもっとみる

だが、スイスアルプスでは2020年12月から、両方の“いいとこ取り”が実現する。イタリアのピニンファリーナがデザインしたパノラマ車両「Goldenpass Express(ゴールデンパス急行)」が走り出すからだ。

イタリアの有名なデザインハウスであるピニンファリーナは、特に自動車の分野で知られている。なかでも最も有名なのは、フェラーリとともに生み出した「F40」「テスタロッサ」「GTO(288GTO)」「デイトナ(365GTB/4)」などだ。

しかし、ピニンファリーナは自動車以外の車両、例えばバスや路面電車、プライヴェートジェット、そしてときには自転車のデザインにも取り組んでおり、エレガントな製品を世に送り出してきた。そうした取り組みの最新作としてレールを走り出すのが、モントルー、グシュタード、そしてインターラーケンという人気の観光地を結ぶGoldenpass Expressというわけだ。

車窓の風景が“インスタ映え”する工夫

モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道が運行予定のGoldenpass Expressの洗練されたスレンダーな車両には、ほぼ床から天井まで窓が設けられている。高くそびえ立つスイスアルプスの景色を楽しみたい乗客を意識してのことだ。

最近の観光客は写真を撮るだけでなく、撮った写真はすぐにでもシェアしたいと考えている。それを見越したピニンファリーナは、これまでのガラスよりも携帯電話の電波を通しやすい素材を窓に採用した。

それに、せっかくInstagramにアップロードした写真に車内の照明がガラスに写り込んでいては台無しになる。そこでデザインチームは、窓の反射を抑えるように照明を配置した。そして照明をほとんど目立たない形状にし、さらに反射を抑える工夫がされている。

スマートフォンの利用を前提に車両をデザインするだけではなく、ピニンファリーナのチームは従来よりも厳しい衝突安全基準に適合するよう求められた。現行の車両では大きなフロントガラスが採用されており、乗客は進行方向を何にもさえぎられることなく見ることができる(運転士は小さなオーヴァーヘッドキャビンの中に座り、カメラを用いて周囲を確認している)。これに対して新車両ではフロントガラスを小型化することで、正面衝突の衝撃を吸収する緩衝器を配置できるようになったうえ、屋根を支える柱も太くできたという。

1/2ページ

最終更新:9/16(月) 12:11
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事