ここから本文です

【K-1 KRUSH】王者・西京佑馬「必ずリベンジと防衛を果たす」挑戦者レオナ・ぺタス「7年間追い続けてきたベルトなので絶対に獲りたい」

9/16(月) 6:30配信

ゴング格闘技

2019年9月16日(月・祝)東京・後楽園ホール『K-1 KRUSH FIGHT.105』の前日計量&記者会見が9月15日(日)都内で13:00より行われた。

【写真】KRUSH王座への想いを熱弁するレオナ

 メインイベントの「K-1 KRUSH FIGHT スーパー・フェザー級タイトルマッチ」に出場する王者・西京佑馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と挑戦者のレオナ・ぺタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)をはじめ全選手が規定体重をクリアした。

 計量後に行われた会見には西京とぺタスが出席。

 レオナは「この試合、僕は2度目のタイトルマッチ。1回目は失敗して負けてしまったんですが、今回、チャンスをいただいたので何が何でも獲らないといけないと思っている。絶対に何があっても獲ろうと思っています」、西京は「今回の試合に向けて調整も減量もうまくいった。レオナ選手も調子がよさそうなので、明日は楽しみ」とそれぞれ挨拶した。

 2人は1年5カ月ぶりの再戦。前回はレオナが判定勝ちを収めている。久しぶりに対峙した印象についてレオナは「向かい合って、仕上がっていると思ったが、僕のほうが成長していると感じたので絶対に勝てるんじゃないかと思う」、西京は「(レオナの)体はあまり見ていないので分からないが、明日はリベンジするだけ」と話した。

 公開練習ではともに倒すことを意識した発言が飛び出していたが、改めて明日の試合についてはレオナが「倒す練習はしてきたが、練習と本番は違う。もしぐだぐだな試合になっても延長まで戦えるスタミナはつけてきたし、どの場面になっても勝てると思っている。自信しかない。自分が勝つことに変わりはないと思っている」と言えば、西京も「多分1Rからお互い前に出てくる厳しい試合になると思う」とシビアな戦いになることを予想した。

 先日のK-1横浜大会の会見で卜部弘嵩が20代前半の選手との試合について「対新世代」という言葉を使っていたのだが、レオナは9歳下の西京との戦いについては「僕はもう27歳ですが、まだ若いと思っているし、成長していると思っているし、まだまだ伸びしろはあると思っている。年齢にとらわれてはいない。西京選手は若くていい選手だとは思うが新世代とは思わないし、僕は自分のことをベテランとも思っていない。ただ実力がある者同士が戦うとしか思っていない」。

 また「自分のほうが成長している」という発言については「若い選手のほうが成長力があると思われがちだが、僕は格闘技歴が全然なくて、僕より西京選手のほうが格闘技歴は長いと思う。そこに追いつけるように練習をしてきている。現役が長くなればなるほど、僕のほうが成長する率は高いんじゃないかと思っている」と話した。

 最後にレオナは「僕は本当にKRUSHのベルトが欲しいと思っていた。プロデビューしてから7年間追い続けてきたベルトなので絶対に獲りたいと思っている。もしここで負けて、3度目というのはやりたくないので、絶対に負けない。ここで勝って、自分が一番強いということを証明したい。明日は何があっても僕がチャンピオンベルトを獲るので、信じて応援してください」と必勝を誓う。

 西京は「同じ相手には2回負けられない。しっかり勝って次につながるような試合がしたい。明日は必ず、リベンジと防衛を果たします」と、それぞれこの試合にかける思いを語った。

最終更新:9/16(月) 6:30
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事