ここから本文です

お手軽に美肌が手に入る、この秋のクッションファンデーションの進化が止まらない!

9/16(月) 12:05配信

Suits-woman.jp

前回に引き続き、今回も優秀ベースメイクをご紹介。この秋注目したいのは、勢いづくクッションファンデーション。2012年ごろに登場したクッションファンデーションですが、「素肌のようなみずみずしい仕上がり感」「リキッドファンデーションが携帯できる!」「ナチュラルで軽い仕上がりがいい」と注目を集め、大きな話題となりました。その後は、各社から続々とクッションファンデーションが発売されるようになったのは周知の事実。一方、「カバー力がない」「ムラになる」「崩れやすい」といった意見もちらほら。しかし、そんなネガティブな意見もきちんと開発に活かされ、この秋はさまざまなタイプが登場しています。

クッションなのにマット仕上げ!?秋にぴったりの美しさ

◆アンクル ド ポー オール アワーズ クッション(SPF50+・PA +++) 全4色 各7,500円(セット価格)/イヴ・サンローラン・ボーテ

ファンデーションに求められるすべてを叶え、圧倒的な人気を誇るYSLの「アンクル ド ポールクッション」から、マットタイプが登場。“艶やかさがウリのクッションファンデがマットだなんて”と驚いたものですが、そこはトレンドセッターのYSL。マットな質感を叶えながらも発光感のある仕上がりだから、重くるしさや厚塗り感はいっさいなし。しかも、毛穴まで消し去るハイカバレッジぶり。この美しさは正直圧巻です。

美肌効果だけじゃなく、環境ストレスからも肌を守る

◆NARS ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション(SPF50・PA+++) 全6色 各6,804円(セット価格)/NARS JAPAN

これぞクッションファンデーションとも言える、軽いつけ心地と輝きのある艶やかな肌に仕上がるNARSのクッションファンデーション。何より素晴らしいのが、NARS独自の処方で空気中のチリやホコリなどの微粒子や、紫外線によるダメージ、乾燥などの環境ストレスから肌を守る設計になっているところ。だから、長時間肌につけていてもストレスになることなく、快適に過ごせます。

1/2ページ

最終更新:9/16(月) 12:05
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事