ここから本文です

他の旧車も応用OK! 日産スカイラインGT-Rを長持ちさせるレストア術5つ

9/16(月) 13:30配信

Auto Messe Web

GT-R解体ショーでレストアの達人が披露

 日産スカイラインGT-Rのいわゆる第2世代中、1989年に発売されたBNR32型はいまだに根強い人気を誇るモデルだ。しかし、登場から30年近い年月を経た車体は、どうしても劣化やボディの歪みなどが出る。では、どうすれば愛車のコンディションを保てるか? 

スカイラインGT-Rの中に潜む錆【画像集】

 ここでは、32型ユーザーはもちろん、他車種の旧車ファンにも参考になるレストア術を、“GT-Rの整形外科医”の異名を取るカナザワボディリペアの金沢社長が伝授。

フロントバンパーやフェンダーを外すことで、普段あまり見えないサビや外装の歪みに対するプロの対策法などを紹介する。

 神奈川県のショップ、カナザワボディリペアの代表を務める金沢廷好さんは、19年間第2世代GT-R(32型、33型、34型)だけを専門に、車体のリペアや板金塗装などを専門に行っているスペシャリストだ。今まで1400台ものGT-Rを手掛け、特に32型については造詣が深い。
 そんな金沢さんが職人技を披露したのが、9月14日に富士スピードウェイで開催された日産GT-Rの祭典・R’s meeting2019。同社ブースにて行われた「GT-R解体ショー?」というトークショーで、実際に平成6年(1994年)式のサンプル車を使い、フロントバンパーとフェンダーを分解・組み立てしながら、レストアについて解説。

 普段あまり目にしない箇所にあるサビなどのチェックや、ドアやフェンダー、バンパーやボンネットの歪み修正など、5つのポイントについて来場者にもわかりやすい説明をしていた。

1:バンパーやフェンダー内の汚れやサビをチェック

 フロントバンパーやフェンダーは、オーナーは普段あまり外したことがない人も多いだろう。だが、板金塗装の専門家である金沢さんにとっては、事故や傷などによる修理や部品交換などで最も取り外すことが多い部品だ。そこで、まずバンパーやフェンダーを外すことで見えてくる汚れやサビなどのチェックについて紹介する。

 「普段、よく洗車をする人でも、フロントバンパーを外してまで掃除する人はまれですよね。バンパーを外すことで、レインホース(バンパー補強部材)など普段見えない部分が見え、そこに汚れがあれば清掃することができるのです」と金沢さん。汚れも長い目でみれば、車体の劣化につながるからだ。

 また、32型GT-Rは軽量化のためアルミ製フェンダーを採用するが、そこが歪んでいる場合は修正。
 「今回のサンプル車は程度が良く、歪みはないですね。でも、鉄製フレームのシール剤を塗った箇所の下地に問題がありますね」とサビの箇所を発見。

これは、32型はもちろん、他車種にもよくある症状で、そこからサビが広がりフレームを傷める原因となる。そこで、シール剤を剥がし、サビ部分に軽くサンドペーパーをかけた後に脱脂し、塗料を塗ってサビ対策をする。

1/3ページ

最終更新:9/16(月) 13:30
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事