ここから本文です

【Perfume】結成20年! 音楽界のイノベーターの新たなる進化の軌跡とは?

9/16(月) 10:31配信

GOETHE

結成20年、デビュー15年、世界最大級の音楽フェスでも多くの人を熱狂させるPerfume。彼女たちは常に結束し、挑戦し、自分たちの“カッコいい“を追い求めてきた。

日本のポップを“カッコいい“に高めていく

Perfumeがステージに上がると、フィールドのはるか後方から大波のように人が押し寄せてきた。視界いっぱいに人がいる。目の前にも遠方にもすき間なく人が立ち、叫び、手を振る。すごい熱量だ。「うわー、来る! 来る! どんどん来る!」緊張と興奮で、3人は全身がぞくぞくした。

4月21日、Perfumeが参加したコーチェラ・フェスティバル2019(ザ・コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル)は、アメリカのカリフォルニア州インディオの砂漠地帯で毎年開催される世界最大級の音楽フェス。ポール・マッカトニー、プリンス、マドンナ、レディオ・ヘッド、コールドプレイ……など、世界一級のアーティストがパフォーマンスを行ってきた。

このフェスは2週にわたり同じラインナップで開催される。Perfumeは4月14日にも出演。観客もメディアも熱狂させ『Rolling Stone』誌の「コーチェラ2019の見るべきベスト16」に選ばれた。だから翌週の21日は、3人をひと目見ようと、全米の音楽ファンが押し寄せたのだ。

キャリアの節目節目で自分たちを奮い立たせた

「コーチェラに参加するアーティストは、アメリカの各都市をツアーして、フェスに臨みます。初挑戦でしたが合わせてツアーを組みました」(あ~ちゃん)

「日本では、Perfumeをまったく知らない人の前でのパフォーマンスはほとんどなくなりました。でも、コーチェラのお客さんは私たちを初めて観る人ばかりです。デビュー当時の気持ちが蘇りました」(のっち)

特別な環境が3人のモチベーションを上げた。

「日本武道館や東京ドームへの初挑戦とか、海外でアウェイの環境でパフォーマンスをするとか、20年のキャリアの節目節目で、私たちは心を奮い立たせてきました。その都度強くなってきた。コーチェラでも強くなる3人を感じました」(かしゆか)

2017年、明らかに自分たちがステージを上げたと感じたパフォーマンスがある。

「『docomo×Perfume FUTUREEXPERIMENT』です。のっちがニューヨーク、かしゆかがロンドン、私が東京。1万キロ以上離れた昼夜逆転の時差のある状況でタイムラグなく同期させ、新曲『FUSION』を全世界へ完全生中継しました」(あ~ちゃん)

「初めてひとりずつパフォーマンスしたんだよね」(かしゆか)

「開演前の、いつもの3人の気合入れもできなくて」(のっち)

しかも、リハーサルがまったくうまくいかなかった。

「それでも、本番は考え得る最高の結果でした。踊っている間も離れているふたりの存在を感じられたんです」(あ~ちゃん)

ふたりの息づかいまではっきりと意識できたという。

「3人ならばタフにやっていける! 戦える!」全員が強く感じた。

「私なんて特に何かに秀でているわけではなくて、今も自分の身の丈以上のことができていて、ほんと奇跡です。メンバーやスタッフさんやファンの皆さんのおかげです。だから、安心して挑戦できます」(あ~ちゃん)

1/3ページ

最終更新:9/16(月) 10:31
GOETHE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事