ここから本文です

【K-1 KRUSH】金髪かぶりに両者苦笑も西元也史「倒して勝ちたい」、友尊「気持ちいい殴り合いができるだろう」

9/16(月) 6:30配信

ゴング格闘技

2019年9月16日(月・祝)東京・後楽園ホール『K-1 KRUSH FIGHT.105』の前日計量&記者会見が9月15日(日)都内で13:00より行われ、全選手が規定体重をクリアした。

【写真】いかつさがさらに増した友尊

 計量後に行われた会見に第6試合で対戦する友尊(TEAM K/BLUE DOG GYM)と西元也史(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が出席した。

 西元は「計量自体が終わってほっとしている。記者会見に人がこんなに多いとは思ってなくて緊張している」、友尊は「一発でジャストでクリアできて良かった。明日はガツンと気持ちのいいKOをしますので楽しみにしてください。いつかのメインみたいによく分からない延長判定にはしないので楽しみにしてほしい」とそれぞれ挨拶した。

 相手の印象については西元は「連勝してきて勢いがある選手。(前戦の)郷州選手との試合を見ても3Rの最後まで集中してやらないと一発でああやってひっくり返される。最後までしっかり集中していく。1Rで行けると思ったら倒しに行く」と、友尊の一発を警戒。

 友尊は「勝ってる試合は全部KOの選手なので、蹴りもパンチもある選手。油断せず距離感を大事に戦えば問題ないと思う」と話した。

 カード発表会見で西元は友尊のことを「いかつい」と言っていたのだが、この日の友尊はさらにいかつい風貌に。この「いかつさ」への対策について西元は「今日、計量後に向かい合ったら、ヒゲが伸びていて、予想はしていたんですが思ったよりいかつかった。こんなにいかつくしてくるとは…。でも、もっといかつい先輩が僕のジムには多いので対策はしてきました。大丈夫です」と話した。

 試合について西元が「流れがあると思うが、かみ合うと思うので、その部分で競り合って、しっかりと強さを見せて思いっきり倒して勝ちたい。自分のいいところを出して勝ちたい」と言えば、友尊は「自分はパンチが注目されがちだが、パンチだけじゃないところも見てほしい」と話し、「今日、計量に来て、まさか西元君も金髪で、金髪かぶりになるとは思わなかった(笑)。そこが…受けますね」と続けると西元も「もうちょっと白くするつもりだったんですが、黒からだと白には近づけなくて真似する形になってしまった。そこは申し訳ない(笑)」とここばかりはともに笑顔がこぼれた。

 最後に西元は「KRUSHに参戦するのは初めて。最初の試合は印象に残りやすいと思うのでこの会見も含めて、僕のことを知ってもらえればいいなと思っている」、友尊は「西元選手があまりにも好青年過ぎて、見た目もあって自分がヒールっぽくなっちゃうんですけど、気持ちいい殴り合いができるだろうと思っている。ここでしっかり勝って、11月の横浜のK-1につなげられたらなと思っている」とそれぞれ話した。

最終更新:9/16(月) 6:30
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事