ここから本文です

バレー=アジア男子選手権/石川が24得点奪う活躍でチャイニーズタイペイに勝利し予選B組首位通過

9/16(月) 20:59配信

月刊バレーボール&月刊バスケットボール

予選首位通過で2次ラウンドへ

 9月13日(金)からテヘラン(イラン)で開催され、男子日本代表が出場している「第20回 アジア男子バレーボール選手権大会」。ワールドカップバレーの前哨戦ともいえる重要な大会だ。
 15日(日)、日本は予選B組の第3戦でチャイニーズタイペイと対戦。チャイニーズタイペイには今季、日本のバレーボール国内リーグであるV.LEAGUEでプレーする選手が3人在籍(劉鴻敏[パナソニックパンサーズ]、劉鴻杰[ウルフドッグス名古屋]、陳建禎[JTサンダーズ広島])しており、そこも一つの見どころとなった。
 その中で日本は、両チーム最多の24得点をあげた石川祐希の活躍も光りセットカウント3-1で勝利。開幕3連勝とし、予選B組を首位通過し2次ラウンドへと駒を進めた。なお、戦評は以下の通り。日本の次戦は17日(火)、2次ラウンドにてパキスタンと戦う。

 日本のスターティングメンバーは、関田誠大、石川祐希、小野寺太志、西田有志、福澤達哉、山内晶大、リベロは山本智大。
     
 第1セット、石川のスパイクで先取点を奪った日本。さらに石川のサービスエース、山本や西田の好プレーから得点し5-1とリードした。福澤もサービスエースやバックアタックを決めて12-6、そこから石川のブロックで16-7とし、勢いづいた日本。終盤は清水と藤井が入る2枚替えを行い、小野寺のクイックで 25点目を奪取。日本がセットを先取した。
 
 第 2 セット、日本のメンバーは変わらず。小野寺のクイックや西田のサービスエースで得点し10-6とリードしていたものの、仕手にサービスエースを決められ、ミスも出て12-11と追い上げを許した日本。それでも、西田が再度サービスエースを決め、小野寺のブロックで18-15、石川もサービスエースを奪って20-16 と追いすがる日本。終盤は西田がブロックやサーブで得点重ね、セット連取に成功した。
 
 第 3 セット、山内と代わって李博がコートへ。2-0からラリーを取られ、相手のサーブにも苦しんだ日本は、4-5と相手に逆転を許した。そこから関田のツーアタックで8-7と再びリード、清水や柳田将洋が相次いでコートへ。15-12で相手がタイムアウトを要求すると、そこから日本は連続失点し接戦のまま終盤へ突入した。23-24とセットポイ ントを取られ、石川が攻撃を決めてジュースに持ち込んだが、最後はサーブレシーブが乱れると攻撃をブロックされ24-26。セットを奪われた。
 
 第 4 セット、再び山内をスタートから起用した日本。福澤や西田が得点し8-4とリード。その後も連続得点を加えて12-7と、日本が試合のペースを握った。中盤、西田のサービスエースや2枚替えで入った清水のスパイクで18-13。その後は攻撃をブロックされる場面もあったが、攻撃の手を緩めず福澤のスパイクでマッチポイントを迎えた日本。最後は西田が決めて勝利し、予選 B 組を首位で通過した。
 
試合結果
日本 3(25-15,25-18,24-26,25-21)1 チャイニーズタイペイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事