ここから本文です

親の終の棲家をどう選ぶ?|有料老人ホームが父の終の棲家に――宍戸千絵さんの場合

9/16(月) 13:03配信

サライ.jp

取材・文/坂口鈴香


先の参院選に立候補した宍戸千絵さん(41)は、両親の介護経験がある。母親が患ったがんは、膵内分泌腺がんという希少がんで、余命は2年と告げられた。それから間もなく、元気だった父親が脳出血で倒れる。重篤な状態で、6か月のリハビリ後も自宅に戻ることができず、介護老人保健施設(老健)に入ることになった。リハビリの回数が減るのを避けるために、宍戸さんは3か月ごとに次に移る老健探しに奔走した。

■父の誕生日に亡くなった母

父親が何か所目かの老健に入所中、母親が亡くなった。最期は自宅で見送ったという。

「入院していても、もう状態は変わらないと言われていましたし、母も自宅に戻りたがっていたので、自宅に戻すことにしました。このときは、兄嫁が仕事を辞めて母をみてくれました。私は近くに住んでいたので、少しでも母の口に入りそうなものがあれば持っていきました。また海外出張の多い仕事だったのですが、出張はやめさせてもらい、有給と介護休暇を使いながら母の看護をしました」

ひとつだけ、心残りがあるという。それは、母親の希少がんに合う薬がアメリカにしかなく、非常に高額だったために、わずかしか使えなかったことだ。

「祖父が、老後のためにと準備していたお金を母のために使ってくれと渡してくれましたが、1回100万円単位の薬なので、そう何度も使うことはできませんでした。お金がもっとあったら、状態が少しでも改善したのかもしれないと思います」

母親が亡くなったのは、父親の誕生日だった。父親は、妻の死を理解していたようで、しばらく精神的に不安定になった。介護タクシーを使って、葬儀に参列してもらおうとしたが、着替えるのを嫌がったという。

「母も残される父のことが心配だったのでしょう。最期に『お父さんのことを、みんなで見てあげて』と言っていましたし、遺言にもそう書いてありました」

■有料老人ホームが父の終の棲家に

母親のために、自宅の駐車場をスロープにして車いすでも出入りできるようにしていたので、父親を介護する環境は整っていた。だが、父親が自宅に戻ることはかなわなかった。

トイレに行くのも、着替えるのも、ベッドから車いすに移乗するのも、父親一人ではできない。常に誰かの介助が必要だったからだ。

母親が亡くなったあと、宍戸さん兄妹は相談し、生活環境の整っている施設を探すことにした。いくつかの特別養護老人ホーム(特養)と、有料老人ホームに申し込んだ。

「残念なことに、リハビリが充実している有料老人ホームは見つかりませんでした。結局自宅から近い有料老人ホームを選びました。小規模で、ほかの入居者や職員の顔が見えるのが安心できましたし、寝たきりの入居者がいなくて、食堂まで行ける方ばかりだったので、生活のイメージができたのが決め手になりました」

前払金はそう高額ではなかったが、月額料金は25万円ほどかかる。父親の年金では足りなかったため、父が相続して持っていた土地を処分することにした。

1/2ページ

最終更新:9/16(月) 13:03
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事