ここから本文です

赤白緑のトリコロールに彩られた甘いトウガラシ料理!?|メキシコ独立記念日の味「チレス・エン・ノガダ」

9/16(月) 15:00配信

サライ.jp

国じゅうが国旗カラーに満ちる9月

文・写真/長谷川律佳(海外書き人クラブ/メキシコ在住ライター)

9月16日はメキシコの独立記念日。この日にむけ、8月下旬あたりから街にはメキシコ国旗の色である、赤白緑を使ったデコレーションがお目見えし始める。

「独立記念日」という名称のため勘違いされやすいのだが、この日はメキシコがスペインから独立を果たした日、ではない。1810年9月16日、植民地支配に対する農民たちの蜂起を指導したミゲル・イダルゴ司祭がドロレスの教会で鬨(とき)の声をあげた日、なのである。
ともあれ、この日がメキシコ人にとって―パーティー好きの彼らにとって、お祭り騒ぎができるいい口実であるという面からも―重要な日であることに変わりはない。

メキシコ人の誇りと「チレス・エン・ノガダ」

世界遺産でもあるメキシコ伝統料理は数あれど、この時期限定で楽しめるものはといえば「チレス・エン・ノガダ」。チレ・ポブラーノという、大きなピーマンに似たチレ(トウガラシ)に詰め物をして、白いソースをかけ、ザクロとパセリをちりばめた秋の風物詩ともいえるメニュー。ザクロの赤・ソースの白・チレとパセリの緑、とこれもメキシコ国旗と同じ配色なのである。

この料理の歴史に関しては諸説あるものの、プエブラ州サンタ・モニカ修道院の修道女たちがアグスティン・デ・イトゥルビデ、のちのメキシコ皇帝アグスティン1世をもてなすために用意した料理だ、というのが一般的。
この際アグスティンは、メキシコ独立承認の布石となった「コルドバ条約」を結んだ後にプエブラに立ち寄ったのだというから、ナショナリズムあふれる伝統料理の誕生秘話としてはいささかでき過ぎの感も否めないが(実際、国旗カラーに仕上げる独立記念日むけの料理としてのチレス・エン・ノガダが誕生するのは20世紀に入ってからだ、とするメキシコ国立人類学歴史研究所の報告もある)この逸話ゆえ、現在でもプエブラ州はチレス・エン・ノガダのメッカと目される州である。

トウガラシ料理のイメージを覆すその味とは

さて、直径15センチほどもあるトウガラシを使った料理と言われれば、さぞや辛い料理なのだろう、と思われるかもしれない。が、実はチレス・エン・ノガダ、甘い料理なのである。
辛みの元となる「種」を綺麗に取り除いたトウガラシに詰められるスタッフィングは、合いびき肉にアーモンドやレーズンそして松の実といった木の実に加え、リンゴ・洋ナシにモモといったカットフルーツだ。

1/2ページ

最終更新:9/16(月) 15:00
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事