ここから本文です

【RISE】那須川梨々がハイキックで鮮やか初KO勝ち、試合後は嬉し泣き

9/16(月) 16:00配信

ゴング格闘技

RISE WORLD SERIES 2019 Final Round
2019年9月16日(月・祝)千葉・幕張メッセ・イベントホール

【写真】ハイキックでダウンさせガッツポーズ!

▼第1試合 アトム級(-46kg)3分3R
〇那須川梨々(TEAM TEPPEN/2017年KAMINARIMON全日本女子-45kg級優勝)
KO 2R ※右ハイキック
×上仮屋真莉(ROAD MMA GYM/第4回K-1チャレンジ女子Bクラス 全日本トーナメント-50kg優勝)

 那須川は那須川天心の妹で、2018年6月に今回と同じ幕張メッセでプロデビュー。いきなり元TRIBELATEピン級王者でNJKFミネルヴァ・アトム級2位の佐藤レイナを下したが、11月の2戦目で百花に初黒星を付けられた。RISE QUEENアトム級(-46kg)王座決定トーナメントでは優勝候補と目されていた平岡琴を延長戦で振り切り決勝進出を果たすも、決勝で紅絹に敗れて王座を逃している。戦績は2勝2敗。

 再起戦の相手となる上仮屋は今回がRISE初参戦。筋骨隆々の肉体が特徴的。アマチュアで第4回K-1チャレンジ女子Bクラス全日本トーナメント-50kg優勝、第16回J-GROWアマチュアBリーグトーナメント女子-46kg優勝などの実績持ち、アマチュア時代は8勝2敗。今年7月の『KROSS×OVER』でプロデビュー戦を勝利で飾っている。極真空手初段で、自衛隊に2年間所属して様々な格闘技・サバイバル術を学んだという経歴を持つ。師匠は第5代修斗世界バンタム級王者の菅原雅顕。

 1R、身長で上回る上仮屋はリーチ差を活かしてワンツーを放っていくが、那須川が右ストレートからの左フックでダウンを奪う。すかさず打ち合いに行く那須川が左右フックでラッシュを仕掛ける。那須川の左フックが次々と命中し、ダメージを感じさせる上仮屋。

 2Rが始まると同時に、那須川は上仮屋が右ローを蹴り出すタイミングで右ハイキック。上仮屋はバッタリと倒れ、レフェリーは試合を即ストップ。那須川が嬉しいKO勝利を飾った。

 那須川はマイクを持つと「前回あんな試合をしてしまって復帰戦と言うことで…今回より頑張って練習してきてKO初めてだったので…。これからも頑張ってもっともっと強くなるのでこれからもよろしくお願いします」と、嬉し涙を流しながら語った。

最終更新:9/16(月) 16:00
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事