ここから本文です

潜伏期間が長い…アスベスト関連の病気や死亡例は今後増加へ

9/16(月) 5:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

戦後、大規模に整備された日本のインフラが、老朽化により崩壊の危機に直面しています。「物理的な寿命=耐用年数」について十分に議論されてこなかったため、思うように修繕が進んでいないのです。不動産投資も同じリスクを抱えており、物件の修繕、さらには解体まで想定することが重要であると、第一カッター興業株式会社で経営企画室長を務める石川達也氏は警鐘を鳴らします。本記事では、アスベストによる具体的な健康障害について見ていきます。

アスベストが原因で起こる主な5つの疾病

アスベストは、石綿関連法規によって禁止されるまでは広く使用されていました。使用が中止されて20年近く経過していることから、電気製品・自動車・家庭用品としてアスベスト含有製品が残っているケースは少なくても、建物は寿命が50年超と長いことから、現時点でも様々な場所に残っています。

アスベストの発がん性はアスベストの成分にあるのではなく、その非常に小さいという形状にあります。建材に封じ込められている状態は安定状態であり、そのまま置いておいても危険性はありません。ただ、不用意に傷つけたり壊したりすると、破壊された部分から舞い上がるホコリの中にアスベスト粒子が含まれる可能性があり、危険性が発生するのです。

石綿(アスベスト)がおこす健康障害には、主に5種類あると言われています。

1.悪性中皮腫(悪性胸膜中皮腫・悪性腹膜中皮種・悪性心膜中皮腫・精巣鞘膜中皮腫)

2.石綿(アスベスト)肺癌

3.石綿(アスベスト)肺

4.胸膜肥厚斑

5.良性石綿胸水(胸膜炎)及びびまん性胸膜肥厚

上記の病気は、アスベストを吸引してから20~30年間は症状も病気もまったくでない人が多いという特徴を持っています。つまり、以前にアスベストを吸引した可能性があるからといって病院で様々な検査を行ったところで所見が無い、ということになるのです。そして、平均40年前後の潜伏期間を置いて発症するのが一般的です。

仕事中にアスベストを吸引する環境にあった方も、この症状の出ない潜伏期間が要因となり、在職中には所見がなく、退職後に発病するというケースが後を絶ちません。とはいうものの、発病にはかなりの個人差があり、潜伏期間10年で悪性胸膜中皮種になった方もいれば、潜伏期間70年で発病した方など、その発病タイミングはかなりの差が発生することもあります。

どの病気に関しても、アスベストの単繊維の大きさである0.02μm(1㎜の50,000分の1)と極めて小さな粒子を吸引することで、胸膜や腹膜に繊維が刺さり留まり続けることで、少しずつ、長期間に渡って粘膜を傷つけ続けることで、がんを引き起こす原因となるのです。

1/3ページ

最終更新:9/16(月) 5:00
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事